マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想とは、今の瞬間として呼吸に意識を向ける行為である。

マインドフルネスの1つの行為である。

瞑想のときのスタイルは、座る、立つ、歩くなど様々です。

例えば、座る瞑想では、体をゆったりさせ目を閉じ呼吸をすることをコントロールする。
息は入るときは‘膨らみ、膨らみ’と唱え、息を吐くときは‘縮み’‘縮み’と唱え、体全体で呼吸することをイメージする。

マインドフルネス瞑想により、心の平穏、共感性、創造性、集中力などが期待できる。

«

»