メラビアンの法則

メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが1971年に提唱した法則。
声の感じで、「maybe」(かもしれない)といった文がどの程度、「そうかもしれない」かを判断する実験で、力強い口調の場合は、普通の口調よりも、「そうかもしれない」と感じたということが立証できたという実験だと言われている。
コミュニケーションにおいて、話し手と伝い手の間では、「言葉(話の内容)」、「話し方(声の大きさ、抑揚、スピード)」、「ボディランゲージ(視線、仕草、外見)」3つの刺激が行き来している。
この3つの刺激が、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、言葉が7%、話し方が38%、ボディランゲージが55%の割合である。
この割合から「7-38-55のルール」とも言われる。

«

»