不安症

不安症とは、明確な根拠のない不安が長期に渡っておこる状態であり、未来に対して悪い事態を予想して強い恐怖を感じること。
遺伝子要因心理的要因社会的要因から発症するといわれている。

【主な症状】
・強い緊張感
・十分な睡眠がとれない

・疲労感
・集中力や注意力の低下

・動悸
・息詰まり     
・頭痛
・発汗

【治療法】
治療は、薬物療法精神療法の二つが一般的である。
薬物療法は抗うつ薬と抗不安薬が多く使用され、精神療法は認知行動療法の効果が認められている。

不安症の分類として、分離不安症社交不安症パニック症広場恐怖症全般不安症などがあげられる。

 

 

«

»