境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害とは、不安定な思考や感情、行動およびそれに伴うコミュニケーションの障害であり、人間関係のトラブルを起こしやすく、自傷行為に及んでしまうこともある精神疾患です。
ボーダーラインと呼ばれることもある。

主な症状としては
・感情と行動が不安定
・周囲の人は悪いと考え、対人関係が不安定
・周囲から見捨てられるかもしれないという不安感がある
・衝動的な行動を繰り返す

治療方法としては、精神療法が中心である。

«

»