女性の更年期障害

女性の更年期障害は、女性ホルモンが急に減る40歳代後半に多い。
更年期とは閉経前後の10年間をさし、日本の場合は50歳あたりで閉経する人が多いため、50歳前後の10年間ぐらいは更年期になる。

この時期は、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減り、のぼせ・ほてり(ホットフラッシュ)や肩こり、頭痛など身体症状や抑鬱感やイライラ、集中力低下など精神面の変調が起きやすくなる。
更年期症状は強く出る人やそうでもない人とまちまちである。

症状緩和の有効の方法の一つとしては、悩みを人に話すことである。
また、腹式呼吸で自律神経のバランスを整えるもの有効である。

«

»