摂食障害

摂食障害とは、1)体重に対する過度のこだわりがあること、 2)自己評価への体重・体形の過剰な影響が存在する、といった心理的要因に基づく食行動の重篤な障害を呈する精神疾患の一種。

摂食障害は大きく分けて、神経性食欲不振症(AN;神経性無食欲症、神経性食思不振症、思春期やせ症)と神経性過食症(BN;神経性大食症)に分類されます。
ANは、拒食症であり、不食を徹底する「制限型」、あるいはむちゃ食いをともなってもそれに対する排出行為で代償しながら低体重を維持している「むちゃ食い/排出型」があります。
BNは、過食症であり、むちゃ食いを繰り返しながらも体重増加を防ぐために種々の不適切な代償行為(自己誘発性嘔吐、下剤・利尿剤・浣腸の誤った使用、絶食、過度の運動等)をともなっていますが、ANと違ってやせに至らないことが特徴です。
そのどちらにも明確に分類されない摂食障害(例:むちゃ食い障害)は、特定不能の摂食障害(EDNOS)と呼ばれています。

【「摂食障害とは」 目次はココをクリックしてご覧いただけます】

関連記事
【摂食障害克服記 目次はココをクリックしてご覧いただけます】
摂食障害克服記 目次

 

«

»