来談者中心療法

来談者中心療法とは、カウンセラーはクライエント(相談者)の語る内容に傾聴し、事柄のみでなく感情にも理解をし、応答していく療法です。
クライエントはカウンセラーとの会話の中でありのままの自分に気づき(自己洞察)、それを受け入れ(自己受容)、より統合された自己の中で再度問題を解決しようと決心(自己決定)をする。
カウンセラーはこのプロセスに共につきあい、援助していく存在である。

この療法は、アメリカの心理学者であるカールロジャーズにより提唱されたものです。

また、来談者中心療法はすべてのカウンセリングの基礎となる療法。
来談者中心療法では、「カウンセラーは、クライエントの自己成長力を信じ、クライエントが自分自身で問題を解決出来るように、相手の心に寄り添い体験を尊重しながら援助していく」という姿勢でカウンセリングに臨みます。
クライエントの悩みを聞き、感情に寄り添い、相手を受け容れていくという点は、大切な「基本的態度」です。

«

»