男性の更年期障害

男性の更年期障害は、男性ホルモン「テストステロン」が減る時期に起こるが、男性ホルモンの減少には個人差があるため、時期は「40~80歳代」と幅広い。

男性更年期障害の四大症状は、「気持ちが晴れない」「夜眠れない」「性欲減退」「汗をかきやすい」である。

テストステロンが減少すると、更年期症状の悪化だけでなく、「糖尿病や動脈硬化など他の病気にもつながりやすい」。

女性が更年期で減少した女性ホルモンを自分で増やせないのと違い、男性の場合は、ストレス解消や達成感を得られる趣味、社会貢献ができるボランティア活動などを行うことにより、生活の中で多少なりとも増やせる。

«

»