社交不安症(社会不安症)

社交不安症(社会不安症)とは、人前に出ること対して強い不安感恐怖感を持つという精神疾患である。
「人に愚かに見られないか」「変だと思われないか」等、他人の目を過剰に意識し、症状が進行すると周囲の人々との関わりを避けて引きこもり状態になる等日常生活に支障が生じるようになる。

 

【社交不安症の症状】
頭が真っ白になる・声が震える・声が出なくなる・手足が震える・赤面・めまい・動悸・吐き気・胃のむかつき

 

【社交不安症の原因】
①性格
不安を感じやすい・緊張しやすい・神経質・心配性 という性格の人は社交不安症(社会不安症)になりやすい。
②環境
親や家族が恥をかくことを極度に嫌う、失敗に対して厳しく教育される、いじめられる、等の経験があると、人前で失敗することに強い恐怖を感じるようになり、身体症状として現れる。

 

【社交不安症の治療法】
主に薬物療法精神療法が行われる。
薬物療法は、抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬などが使われ、精神療法は認知の歪みを整え、不安や恐怖を軽減させる認知行動療法が行われている。

 

 

«

»