虚偽性障害

虚偽性障害とは、意図的に虚偽を並べ立てて病気を装う精神障害の一種で、症状のふりや誇張、悪化を訴えて周囲からの関心を引くことに満足感を得る

 

【特徴】

病人として周囲の人からの同情や愛情という病理利得を得ることが目的であり、経済利得や法的責任の回避などが動機でないことが特徴で、抑うつ・幻覚・奇異的行動などを捏造し、不要な薬を飲んだり、入院するほどの症状を捏造することもある。
虚偽性障害の原因には、幼少時代の家庭環境やトラウマが影響しているといわれ、現実逃避自己防衛のために病気のふりをする。
虚偽性障害の最も重症なタイプが、ミュンヒハウゼン症候群である。

 

【治療】

治療法は現代医療では確立されていないが、患者本人の意識改善、またトラウマが影響している場合は、そのトラウマを払拭する必要があるため、カウンセリングなどの精神療法が行われている。

 

«

»