逐語記録の最初のページ 面接記録表

逐語記録の1ページ目は【面接記録表】ですが、作成にあたり、
幾つものポイントがあります。

面接記録表とは、面接の概要を記載するもので、
面接月日や場所、所要時間、クライエントの情報も載せます。

大切なことは、そのクライエントが何処のどなたなのか、
特定出来ないようにすること
です。

例えば、本名を記載したり、通勤・通学している所属先
またそこでの職員番号出席番号を記載したりすると、
見る人によっては個人が特定出来てしまったり、
調べれば明らかになったりしてしまいますNGショック!NG

これは守秘義務の観点から望ましくありません。

「30代OL」とか「女性・18歳・専門学校生」とか、
「20代後半の金融会社勤務のサラリーマン」など、
分かる範囲で大まかに書きます

それから主訴(何に困っているか)クライエントの問題点
面接経過状況などを記載します。

分かり易い面接記録を作成し、スーパーバイザーに、
良いアドバイスを貰えるように
心掛けてみましょうラブラブ

 

»