卒業生の活躍をご紹介します
卒業生の活躍

ハートフルライフカウンセラー学院の卒業生の声(具体的な活動状況や活用方法など)をお届けします。
学びは、仕事、日常生活、セルフケアと幅広い領域で活かされています。


  • 卒業生の声
  • タマゴblog・ヒヨコblog
  • 受講生日記

卒業生の声

開業・キャリアアップ

北東北の皆さんを癒したい!

image_13366050025

佐々木 秀子さん


セルフケア・自己理解




受講生からのムービー

カウンセリングを学ぼうと思ったきっかけ

学びながら思うこと・考えること

カウンセリングを学んでよかったこと

認知行動療法を学ぼうと思ったきっかけ

カウンセラーのタマゴblog・ヒヨコblog

カウンセラーのタマゴ誕生ブログ・ヒヨコひよこブログです。
新米からプロになっていくカウンセラーの奮闘記をご覧下さい。

生稲晃子さん

image_12973038672

ブログにて、心理学、カウンセリングについて、ちょっとずつ発信しています。
歌手、女優として既にデビューしていますが、今度は、カウンセラーデビューの生稲晃子さんのブログです。
クラッカーAKKO REVOLUTIONぼうし
生稲晃子 Line OFFICIAL BLOG

宝石赤生稲晃子カウンセラー活動情報

akikoさん

女性に自分らしく女性力をアップ↑させ輝いてもらいたいとの思いから、メンタルトレーナーかつ心理カウンセラーとして活動しているakikoさんのブログです。
自身の経験を活かし不器用だけど女子力をアップさせたいと願っている方に‘7つの魔法’を紹介しています。
流れ星自分を認めて心美人になる7つの魔法♪

畑 千栄子さん

38年間の教師経験を持ち、認知行動療法士・メンタルトレーナーとして活動している畑千恵子さんのブログです。
教育(教師・思春期の子供の親)の悩みと対人関係を専門のカウンセリングをしています。
流れ星バランス思考で 新たな自分に Change!

嶋田さちこさん

看護師として活動し、医療従事者の方の心のケアをしたいと思い心理カウンセラーとして活動している嶋田さちこさんのブログです。
自分のケアを後回しにしている医療従事者の方の心のケアにつながりたいと思いで綴っています。
流れ星ナースカウンセラー嶋田さちこ

加茂かおりさん

メンタルのプロを目指して、新潟県から毎週高速バスで通学いただいた頑張り屋の加茂かおりさんのブログです。
新潟で認知行動療法を活用した心理カウンセラー&メンタルとトレーナーとしての活動を目指しています。
流れ星ススメ‼️認知行動療法士への道 in新潟

まりさん

不妊治療により大切な宝を授かった経験から不妊の方の力になりたいと思い心理カウンセラーとして活動しているまりさんのブログです。
自身の不妊治療中の心模様を紹介しながら、妊活の方に読んでいただきたいと思い綴っています。
流れ星maricounselerのブログ

片山晃希さん

調理師としての知識を活かし、メンタルヘルスのためのクッキングレシピを提供しながら、脳活性トレーナーとして活動している片山晃希さんのブログです。
心の病気は脳の不活性化により発生していますので、脳科学に用いた脳活性料理のレシピを紹介しています。
流れ星調理師メンタルヘルスプロ・片山晃希

瀬都さん

誰かに聞いてほしい、相談したい。そう思っても、逆に近い人には、話せない。そんな事ありませんか。もし、そんな時、少しでも、お役に立てたら。気持ちが軽くなれたなら。そう思い、メールカウンセラーとして活動している瀬都さんのブログです。
私の人生経験の中から、「不安症」を専門分野としています。
流れ星好きなこと My favorite things

西村康正さん

第二の人生をカウンセラーとして歩むことを決めた西村康正さんのブログです。
社会貢献をめざし、カウンセラーとして成長していく様子を綴ります。
流れ星カウンセリングRoom シンジアイアイ

紺道ゆかりさん

image_12924621030

接客・販売(ブライダルジュエリー)、障がい者介助・老人介護(在宅・施設)の経験を経て、現在、心理カウンセラーとして活動している紺道ゆかりさんのブログです。

1対1で目の前のあなたと向き合い、心に寄り添う姿勢を大切に、うつ、不安障害、対人関係をメインに女性から高齢者と幅をもうけ対応しております。
 

小柴有稀さん

中間管理職として働きながら、不妊治療に取り組み、カウンセラーとしても活動する小柴有稀さんのブログです。
心の病などで休職する人が多い職場で危機感を感じ、自分自身も、仕事のストレスや不妊治療の大変さから、メンタルケアの大切さを実感し、カウンセリングを勉強。
そこで学んだことを活かして、同じような悩みを抱える方、仕事や家庭で頑張っている方と悩みを共有し、一緒に歩んでいきたいと願いながら、日々の出来事や思いを綴っています。

わんわん心理カウンセラーわんここと小柴有稀のほっこりcafe

受講生日記

心理学ビデオ「グロリアと3人のセラピスト」

image_12518966540

今日は「グロリアと3人のセラピスト」というDVDを見ました。
これは、現実生活に悩みをもつ若い女性グロリアが、
  ロジャーズ(来談者中心療法)
  パールズ(ゲシュタルト療法)
  エリス(論理療法)
という心理療法の3大創始者のカウンセリングを1日の間に続けて受け、その様子を収めた記録映画です。

その3大創始者というのは

——————————————————–
カール・ロジャーズ(1902年‐1987年)

 

アメリカの臨床心理学者で、来談者中心療法(Client-Centered Therapy)を創始。
カウンセリングの研究手法として現在では当然の面接内容の記録・逐語化や、心理相談の対象者を患者(patient)ではなくクライエント(来談者:client)と称したのも彼が最初。

——————————————————–
フレデリック・パールズ(1893‐1970)

 

ユダヤ人の精神科医、フレデリック・パールズ(フリッツ・パールズ)と妻のローラによって創始されたゲシュタルト療法は、問題の原因を過去に求めるのではなく、身体感覚も含めた「今、ここ」での深い気づきを目指すところに大きな特色がある。

——————————————————–
アルバート・エリス(1913‐2007)

 

アメリカの臨床心理学者であり、論理療法(Rational Therapy:RT)の創始者として知られる。論理療法とは、不合理な信念を持つ人に自問自答を促進させ、その応答を論議していくことで不合理な信念からの束縛を解く統合的手法。

——————————————————–
このDVDの興味深かったところは、3人のセラピストが1人の同じクライエントにそれぞれ異なるタイプでカウンセリングを進めていくこと。
人によっては、どの先生がいいか異なると思いますが、私は断然「アルバート・エリス」が分かりやすくてしっくりきました

驚いたのは、パールズ!グロリアさんが話していても、上からたたみかけるように強い口調で話しに割って入ります。(かなりコワイ・・私だったら泣いちゃいマス

半べそ状態のグロリアさん、それでもこのパールズの時が一番自分の本音をさらけ出すことができると感想を言っていたとか・・、ホント人によって色んな解釈がありますね~。

カウンセラーを目指すならこのDVD必見です。

逐語記録で観察上手

image_12517227465

今日は先週の課題「逐語記録」の作成を自宅でしました。

逐語記録とは、カウンセラーとクライエントの会話の内容を録音したものを、一語一句たがわずに文章に起こしていくものです。

単なる会話のやりとりだけでなく、会話の中に見られる「間」や相づち、そして溜息など、そこから読み取れる気持ちまで詳細に記録として残していきます。

自分がカウンセラー役でカウンセリングを実践すると、そのやりとりはあっという間に過ぎていくし、その場の緊張感もあるので、自分のカウンセリングの様子を客観的にみることは到底できません

そんなときにこの「逐語記録」、作成するのはとても時間と労力がかかりますが、出来上がるものを見ると・・
なるほど、普段の言い回しの癖やタイミング、そしてうまくいったところ、うまくいかなかったところなんかがよく分かります。

 

それと、この時実際にカウンセリングにかけた時間は5分ですが、紙に起こすと以外に少ない文字量に驚きます
この少ない文字数の中にも、クライエントの微妙な心の動きが会話の中に読み取れ、あらためて「逐語記録」の意味を感じます。

これから何度か実践を重ねますが、またこのように記録をとってみて、更なるスキルアップにつなげていきたいなーと思いました!

アサーションでコミュニケーション上手に

image_12511054747

今日は「カウンセリング理論・療法」という事で行動理論などについて勉強しました。

大昔学校で習ったことのある「パブロフの犬」の条件反射のお話しです。
ベルを鳴らしてからエサを与える事を繰り返した結果、ベルを鳴らしただけでよだれを出すようになった。

条件反応と言われるものです。

うちにもワンコがいますが、ビニールをあける「カサカサッ」とした音を聞くだけで猛ダッシュでやって来ます。
今までおやつをもらえる時の音だったんですね~。まさに条件反応。
ですが、食べ物以外のビニールをあける音にも条件反応するので困ります・・。

 

そしてもう一つ興味深かったのは「アサーション」です。
アサーションとは、お互いを大切にしながら、それでも素直に、率直にコミュニケーションをする「自己主張」のこと。

そうそう自分の周りを見ても、アサーティブな人は男女問わず本当に人から好かれます

自分らしさを認め、また相手のその人らしさも認められることによって、人づき合いが楽になったり豊かな人間関係を作れるようになったりするんでしょうね。

これまで自分の事を、こういう角度から見た事がなかったので、自己表現を理解する上でもとっても良い機会になりました。

これからはアサーティブ人間を目指すぞー

ゲシュタルト心理学って!?

image_12510393220

私がうけているクラスは、私を入れた女性5人男性1人の6人です。
最初は緊張気味の私達でしたが、今ではすっかり打ち解けて、毎週会うのがとっても楽しみ
この学院で学ばなければ出会うこともなかったので、こういうのってとても不思議な縁ですね。
そしてみんな同じに向かって進んでいるので、今後の事や資格についてなど、色々な話しをする機会があり、一体感というか安心感というか、何かいい感じです
こんな大人になっても素敵な人達と出会えるものなんですね~

さて今日はゲシュタルト心理学について学びました。
ゲシュタルト心理学(Gestalt Psychologie)とは、
「人間の精神は部分や要素の集合ではなく、全体性や構造こそ重要視されるべき」
というもの。うーん、難しい・・

簡単に言うと、1つ1つには意味はないけど、まとまってこそ意味があるってことでしょうか?

そしてゲシュタルト療法は、「今・ここ」で、「いかに」話しているか、「なにを」話しているかを問題にし、それを気づき、そこで自分自身であるという自由を取り戻していく
という療法です。これをはじめた精神科医は、フレデリック・パールズ(フリッツ・パールズ)さん。
写真を見ると優しそうですが、かなり辛口の先生みたいですね

この後の授業で、実際パールズさんのカウンセリングを見ることができるそうで、今からとても楽しみです

やっぱり見た目と雰囲気!?

image_12506874981

今日は受講3回目、「心理アセスメント」面接法、観察法について学びます。

中でも興味深かったのは、面接時に注力する‘コミュニケーションの3要素’と言われるメラビアンの法則です。

メラビアンの法則によると、コミュニケーションには3つの要素による影響度があるそうです。

言葉(話の内容)⇒7%
話し方(声の高さ、大小、スピード)⇒38%
ボディランゲージ(表情、身振り手振り、外見)⇒55%

 

普段私達は、話の内容やその話し方、そして外見や身振り手振りを無意識に使いながらコミュニケーションしています。これら3つを100%とした場合、「言葉」「話し方」「ボディランゲージ」が、コミュニケーションのインパクトとして占める割合では、それぞれ「言葉‐7%」「話し方‐38%」「ボディランゲージ‐55%」になるんだそうです。

 

私は普段仕事で、初対面でお客さんと接する事が多々ありますが、何だかいつも話しの内容ばかり気をとられていたような・・

でも初対面の時なんて、お互い緊張してるんですよね。そんな時はこちらからふっと肩の力を落として、明るい表情で(やっぱ笑顔?)接すれば今よりも好印象を持ってもらえるって事なんですね!

さっそく明日から試してみよう~


PAGE TOP