ハートフル空間

パーキンソン病の義母を看護することに苦痛を感じています

Q. ご相談

50代 女性
義母がパーキンソン病で入院中なのだが、仕事の休日を利用して看護しているが最近苦痛になっている。

A. ご回答

こんにちは。

メールカウンセラーの紺道です。
ご相談いただきましてありがとうございます。

義母がパーキンソン病で入院中なのですね。
お仕事の休日を利用して看護されており、それが最近苦痛となっていることで悩まれているのですね。

仕事を抱えながらの看護はとても大変と思います。
パーキンソン病は中脳の黒質線条体系の障害に起因して、重要な神経伝達物質であるドーパミンが減少することによりおこる神経変性疾患といわれています。
症状には個人差がありますが、私の接した方は手足の振るえや筋肉の萎縮による歩行困難などの症状がある方でした。
パーキンソン病の方の介助経験があり洋服の着替え一つとっても時間がかかり大変でした。
ですから、お気持ちはとても良くわかります。

7月25日の石川千鶴学院長の講演でご紹介しました認知行動療法は、考え方を変えることで感情と行動を変えることができます。
ご自身のお気持ちが苦痛に感じる考え方は何か?を知り、考え方と行動を変えることで苦痛なお気持ちを解消することが出来ます。

仕事の休日を利用した看護が苦痛とのことですが、
苦痛に感じたときどのような考えが頭に浮かんできますか。
(例えば、他の家族が手伝ってくれたらな。など)
苦痛に感じたとき体調の変化はありましたか。(例えば、腹痛がおこった。動悸が激しくなった。など)
ご自身で自問してみてください。紙に書き出すのも良いのではないでしょうか。

そして、その上で、
「ご家族なら、この状況に対して何と言ってくれると思いますか。」
「友達がこのような時あなたなら何と言ってあげますか。」など
自分自身に問いかけてみてください。
そうすると、別の新たな考えが浮かんできて、気持ちも変わってくるのではないでしょうか。

いかがでしょうか。
そうしたら、新たな考えに順位をつけてください。
その中でご自身が一番実行できそうなことを選んでください。
そして、それを行動に移してみてください。

無理せず焦らずゆっくりで構いませんので上記の方法で続けてみてはいかがでしょうか。

また、何かに悩まれた際にはいつでもご連絡いただければと思います。
心の安定が保たれた日常生活が送れますよう心より願っております。