ハートフル空間

考え方が違っても言うことができず、どうしたらよいか自問自答をしています。

Q. ご相談

一緒に仕事をしても考え方の違いで、対応の仕方が違うことに疑問を持ちますが、言うことができず、どうしたらよいか自問自答しています。

A. ご回答

初めまして。カウンセラーの生稲です。
ご相談いただきまして有難うございます。

仕事場で、他の人と考え方や対応のしかたが違い、どうしたらいいかお悩みなのですね。

年代も違えば、生きてきた環境も異なる人たちと接するわけですから、このような悩みはありますよね。お気持ちよくわかります。

でも、対人関係において、相手の考え方や行動を変えることはできないので、ご自身の考え方(思考)を変えることで、悩み、ストレスを解消されてみてはいかがでしょうか!

そこで、最近一番強くお悩みを感じた時を思い出してみてください。

その時、どのような事が頭に浮かびましたか?そして次のような事をご自分に問いかけてみてください。

1-相手の人は自分のことをどう思っているでしょうか? 

2-今、ご自分に何て言ったあげたいですか?

3-他の人が同じように悩んでいたら、何と言ってあげたいですか?

4-疑問を持っても言えないとのことですが、もし相手に疑問を言ってみるとしたらどうなると思いますか?
関係は悪くなる可能性があるでしょうか?それとも分かり合える・・・?

上記4についてですが、自他調和を図るコミュニケーション方法に「アサーション」というものがあります。自分の意思をはっきり示しているけれども、自分と相手の両方の気持ちを大切にした自己表現のことです。

主張訓練法といって、人前で自己主張するトレーニングを行い、緊張や不安を低減させる療法
のひとつでもあるのですが、この「アサーション」を意識しながら、相手に疑問を投げかけてみると
いう方法もあるかと思います。いかがでしょうか? 

仕事場で、少しでもストレスを軽くされ、働きやすい環境になりますことを願っています。

«

»