カウンセリング用語

3年婚活をしていますが出会いがありません。思いと現実の狭間でストレスなっています。

Q:相談

結婚したいと思い婚活を続けてきましたが、もう3年にもなるのになかなか出会いがなく、だんだん結婚への気持ちが薄れてきました。とはいっても、心のどこかで老後一人は寂しいなという思いもあり、結婚をあきらめきれない自分がいるのも事実です。
思いと現実の狭間で気持ちがもやもやしており、それがストレスになっています。
こんな時どうしたらよろしいでしょうか?

Q:回答

Jさん、こんにちは。
いいづかです。
メールをいただきましてありがとうございます。

結婚したいという思いがなかなか現実に結びつかず、その状態が3年という長きにわたって続いているということに対してストレスを感じていらっしゃるということですね。


真剣に時間をかけて取り組んできたことに対して、その結果がなかなか伴わないと気持ちも落ち気味になってしまいますよね。
その一方で、老後を共に歩むことのできるパートナーの存在が必要であると感じていらっしゃるのですね。


決心をするというのはとても勇気のいることですが、Jさんの中ではっきりと心が定まれば気持ちのもやもやは薄れていくのではないでしょうか。


そのためには例えば、何年かかろうともあきらめずに婚活を続けることを選択した場合、Jさんの気持ち、考え方、実生活面等どんな風になっていきそうだと考えられますか?
逆に、今ここで結婚への思いを断ち切ったとしたら、同様にどんな風になっていきそうだと考えられますか?


それぞれのメリット、デメリットを考えた上で、
「どちらの選択をした自分のほうが自分らしいと思えるか」
「もし逆の立場で友人から同じことを相談された場合、何とアドバイスできるか」
「自分を良く知る友人や母親に相談したら何と言われるだろうか」

と自問自答してみて自分の気持ちを確認してみてください。
そうすると自ずと心も定まり、Jさんのストレスは解消されていくのではないでしょうか。

Jさんのストレスが解消され、心身ともに健康な毎日を送っていただけますよう、心から願っております。


このたびは、ご相談いただきまして誠にありがとうございました。
また、何かお悩みがありましたら、お気軽にご相談くださいね。

からだ・病気

自分のこと・性格

結婚・離婚

子育て

家族・家庭

対人関係

仕事・職場


PAGE TOP