OLからの転身ストーリー【ストレスは適度にあったほうがいい!】

2017.07.24

『社会人になってなれないことだらけ・・・ストレスで押しつぶされそう。』
『ストレスをなくすにはどうしたらいい?』
と考えていませんか?

実はストレスは過剰でもいけませんが、過小でもダメなのです。

ストレスは適度にあった方がいい!のです。

適度なストレス

1.過小ストレス
過小ストレスでは、何もやる気が起きず意欲が低下したり倦怠感を感じることがあります。
例えば、会社が休みの日を思い出してください。
会社に行かなくてもいい日は、朝から顔を洗うことも、パジャマを着替えをすることも億劫となり、ダラダラと過ごしたことはないでしょうか。
会社がある日は、顔を洗いお化粧をし、ドライヤーで髪をセットしたりして、エネルギッシュに行動します。
しかし、誰にも会わない休みの日は、すっぴんでいい!寝癖のままでいい!と考え、身の回りのことは最低限ですませ、意欲が低下しています。

過小ストレス

2.過剰ストレス
過剰
ストレスでは、過労状態になったり、更には疾病状態になることがあります。
アスリートが、大会前に練習のし過ぎで、疲労骨折したとのニュースを聞いたことはありませんか。
プロでも、自分の限界以上のオーバーワークをしてしまうことがあるのです。
そのため、疲労となり、何もできない、もしくは何もしたくない状態となります。
過剰ストレス状態では、頑張りたいという気持ちと、それを実行に移す肉体に乖離ができているのです。



3.適度なストレス
適度な
ストレスでは、活力が沸き、生産性が上がります
例えば、上司から「今日の3時までにこの企画書を仕上げるように。」といわれると、何とか3時までに仕上げようと努力します。
しかし、「企画書はできたところで見せてくれればいいよ。」と期限を言われないと、なかなか踏ん切りがつかず、ダラダラと仕事をしてしまった経験はないでしょうか。

日常生活の中でも同じような経験をすることはあると思います。
友人に電話した時、「ごめんね。今から出かけるから、話す時間が3分しかない。」といわれると、何とか3分で話そうと努力をします。
人はある程度のプレッシャーがかかったほうが、活力が沸き、限られた範囲の中で成果を上げようと努力をするのです。

適度なストレス

ストレスは過小でも、過剰でもよくないです。
しかし、自分の生産性を上げるために、適度なストレスを自分に課してみるのはいいことです。

過剰ストレスストレス解消を心掛け適度なストレス自分を高めてみてください

私が学んだストレス【カウンセラー養成講座・ベーシックコース】にて学べます。
講座名をクリックしてご覧いただけます。

OLからの転身ストーリーは下記からご覧いただけます
鳥紗ゆきこ


PAGE TOP