OLからの転身ストーリー【隣の芝生は青く見える!】

2017.10.30

「仕事辞めたい」
と友達どうしで話しても、友達の辞めたい理由をぜいたくな悩みと思ったこと、ありませんか?

友人との悩み

その逆で、
「私は自分を認めてくれない上司のもとで働くのはいや!」

と伝えても、
「給料いいし、休みも多いから、その悩み贅沢だよ」
と言われたという経験ありませんか?


人の価値観は違うもの

隣の芝生は青く見えるという言葉があるように、人のことは良く見えがち。

なぜなら、自分がこだわっているものではない、どちらかというとこだわりを持っていないことで悩んでおり、
「そんなことしか悩みがないなんて楽ね」
と思ったり、思われたりしているからです。



私は、人生感情曲線を授業で学び、生まれてからこれまでの出来事を、感情のプラス、マイナスで振り返ってみました。

私の感情がプラスになるのは、人から認めてもらったとき。
親から、先生から、友達から、上司から、
「がんばっているね」
といった承認をえたときにプラスになっています。

ですから、マイナスになるのは、自分で頑張って納得できていても、周囲から認めてもらえないときです。



人は誰もが承認をえるときに、プラスの感情になるのではなく、これは私の価値観です。

わたしとは異なり、周囲から認められなくても、自分のしたいことができていることに満足している方もいらっしゃいます。

人は普通は、一般的に、というのはないのです。


人はいろんな価値観を持っています。

異なる価値観

ずは人生感情曲線を活用し、自分の価値観を知り、夢ある自分らしい人生を描いてみてください。

素敵なOLライフを(^^♪

私が学んだ【カウンセラー養成講座】【認知行動療法士養成講座】は講座名をクリックしてご覧いただけます。

OLからの転身ストーリーは下記からご覧いただけます
鳥紗ゆきこ


PAGE TOP