虐待コールセンター[189]の新設を厚生労働省が発表

2017.02.06

厚生労働省は、児童虐待の通報や相談を受け付ける「児童相談所全国共通ダイヤル189番について、コールセンターを新設することを発表しました。

2015年から、短縮番号『189』の導入が開始されましたが、つながってから音声案内に従って情報に入力することに2分ほどの時間がかかることから、接続率が2割程度になっていました。

そのため、厚生労働省は接続率を上げることを目的とし、コールセンターを設置し接続時間を30秒程度の短縮に改善するとのことです。

虐待の減少に役立つことを期待いたします。


031


PAGE TOP