ニートから起業までの軌跡。認知行動療法を学んだから実現!

2018.05.16

清水 博之さん

私の人生は波乱万丈でした。

元々チャレンジ精神が旺盛で、様々な発展途上国へ赴むきイギリス、アメリカ留学を4年し、PC自作、バイクの組み立て、ホームページ制作など自身で製作しました。

しかし、社会人になるとともに人間関係や自身の在り方について深く考えるようになり、心を疲弊していきました。
そして、数か月後に、うつ病と診断され、退職し、いわゆるニートとなりました。

ニート期間中は無気力で、ゲームをしていたり、長時間睡眠をしていたりしておりました。


親に急かされ、カウンセリグルームやクリニック等でカウンセリングに通いましたが効果を感じられませんでした。
そのような中で、自身を模索し、心理学者フロイトやユングの本を読み漁るうちに、ハートフルライフカウンセラー学院の認知行動療法に出会いました。

ハートフルライフカウンセラー学院在学中に、心理学、カウンセリング、認知行動療法を学ぶうちに自身の存在意義そして他人とのかかわり方を学ぶことができました。

今では考える時間、考えることができる時間はとても貴重な体験、期間だと感じております。
実際に自分自身に認知行動療法を行うことで自分自身の変化、また家族問題や仕事・人間関係のトラブルを解決、サポートができるようになりました。

大きなトラブルやストレスを抱えている人々の多くは過去の人間関係や家族関係、環境に大きく左右されており、「ものの見方」=認知が歪んだ状態にあります。​

自分がより良い考えを持つことができたら家族が変わる、社員がより良い考えになれば会社も変わる、その逆もまた然りであります。
クライアントさんの認知をほぐし、バランスの取れた考え方と、前向きな行動を身につけられるよう、一緒に考え、エスコートしていきたいと思っております。

ハートフルライフカウンセラー学院の心理カウンセリング、メンタルトレーニング、認知行動療法自身が困難に当たっても、乗り越えていけるような考えを持てる力だと思います。

それは生涯に亘って使える素晴らしい技術だと思っております。

クライアントだった方や、卒業生の方から、実際に変化があり効果があると評判を聞きました。​

現在は認知行動療法士として起業、独立し、メンタルヘルスの専門家として活動しております。
さらに中小企業診断士の習得にも励んでおり、まずはクライアント様の悩みから始め、ゆくゆくは会社、社会全体に寄り添えるような人間を目指して精進していきたいと考えております。

その他の卒業生の声

卒業生の声を全部見る



受講生からのムービー

その他の声


PAGE TOP