人生の折り返しの年齢を迎え、自分の人生経験を活かし、社会に貢献したい

2013.06.20

梅原 香織さん

image_13381727849

人生の折り返し地点とも言われる年齢を迎え、これからの自分はどのように生きて行くのかと考えた時、心理カウンセリングならば今までの自分の人生経験を活かし、社会に貢献する事が出来ると思うようになりました。
数ある学校の中でハートフルライフカウンセラー学院を選んだ理由としては、何と言っても実践の多さと認知行動療法を学べるのが魅力でした。
学び始めて早くも半分以上の授業が終わり、カウンセリングの有効性を実感しています。
例えば、日常の生活の中で、悩みを言う程ではないけれど、『イヤだな』、『ちょっとイライラするな』と心の中のトゲみたいな物を、自分で自分の考え方や感じ方を少し冷静に大きな視野で見ることができるようになり、『イヤなだ』、『イライラするな』の原因を許し、受け入れる事ができる自分になれてきたかなと思っています。
これからは、日々の中で生きずらさや不安を抱えている人の助けになる事ができたらと思っています。
実現の方法は、いくつか考えてはいますが、いずれにせよ心理カウンセリングが私のライフワークとなるよう頑張って行こうと思っています。

その他の卒業生の声

卒業生の声を全部見る



受講生からのムービー

その他の声


PAGE TOP