調理師として働いていた時に突然の精神的不調。でも「話す」ことで楽になりメンタルのプロを目指しました

2016.01.08

片山 晃希さん

IMG_3925

私は、調理師として働いていた時に突然の体調不良になり、更に精神的に病んだりなど、ネガティブな毎日を過ごしていました。
その時、一番落ち着いたのが家族、友人に「話す」ことでした。
「話す」ことで気持ちがとても楽になりました。
このことがきっかけで、私は心理カウンセラーになる夢を新たに持ち、実現するためにハートフルライフカウンセラー学院に通うことにしました。
入学して心理カウンセラーとメンタルトレーナーの資格を取得しました。
今は、更にスキルを磨きたいと思い、認知行動療法士になるべく勉強をしています。
また、調理師としての能力も活かしたいと思い、食事療法も取り入れた脳活性トレーニングについてもハートフルライフカウンセラー学院で学び、脳活性に効果がある食材を使い料理をしたりなど日々研究しています。
ココロのケアに食事についてもアドバイスできる調理師メンタルヘルスのプロとして、社会に貢献していきたいと考えています。

メンタルヘルスに役立つ料理のご紹介ブログ⇒片山メンタルトレーナーのブログ

その他の卒業生の声

卒業生の声を全部見る



受講生からのムービー

その他の声


PAGE TOP