20代に恋愛と仕事の挫折。。。認知行動療法で救われ、カウンセラーになることを決意

2014.04.13

渋谷 亜希子さん

IMG_0217

20代後半に恋愛や仕事で大きな挫折を経験したことをきっかけに、認知行動療法のカウンセリングを体験しました。

そこから深く興味を持つようになり、当学院に入学、カウンセラーと認知行動療法士を取得し、活動を始めました。

クライアントのなかには、

「長年感じてきた生きづらさ」を感じている方が多くいらっしゃいます。自分の心と向き合い続け、苦しみや途方に暮れて疲弊した感情をどうやったら「今より生きやすい状態にできるか」というお手伝いをさせて頂いています。

自分を苦しめていたものが何であるかを見つけ、徐々に生き生きと回復していかれるクライアントに、間近でご一緒させて頂けるのは、
私自身の大きなエネルギーにもなります。

これからも、たくさんの方々の悩みに一緒に寄り添い、紐解くお手伝いをさせて頂きたいと思っております。

 

その他の卒業生の声

卒業生の声を全部見る



受講生からのムービー

その他の声


PAGE TOP