「クライアントの心に寄り添う」とはどういうことか!?

ブログ

2011.02.26

こんにちは。
学院スタッフの小幡です。

私を含め、カウンセリングの練習をしていて、ぶつかるポイント
・クライアントの心に寄り添う
・クライアントの気持ちに集中する
★カウンセラー自身はもちろんのこと、第三者のことちょっと横に置いといて、クライアントに集中する

このことは頭の中では理解できていても、つい、無意識的に自分の意見を表現してしまっていたり、第3者のことばっかりに注目してしまったり、わかってはいるけれど、そっちにふらふらと走っていってしまう←こらー待ちなさーい!
ここをクリアするための心の持ちようとして、考えてみたのですが。。。

自分自身、受け入れられた、という経験を思い起こしてみてください。
受け入れてくれた人は、その人はどんな風だったか、その人は何を考えていたんだろう。
そう考えると、受容されることのありがたさ、大切さを、心の奥底から感じることができます。
それを忘れずに、カウンセラーとしいての姿勢をとると良いのではないでしょうか。
カウンセラーを目指しているあなたなら、受け入れられたという経験、あると思うのです。

その、受け入れられた時の、あなたはどうでしたか?

たとえば、
好きな人にに振られた。
悲しくて、つらくて、どうしていいかわからず、友達に電話をしたら、彼女も一緒に泣いてくれて「つらいね、悲しいよね」と言ってくれた。
友達が私の気持ちを受け入れてくれたことで、私は、あらためて「そうか、わたしは、つらいんだ。かなしいんだ」とかみしめる。
ここだけでもう、かなり、癒されますが、

「つらい、かなしい自分」に気づく
 ↓
「私はこんなにつらいと思うほど、彼のことが好きだったんだな」と、気づく、そして
 ↓
「やっぱりあきらめきれないから、もっともっと努力して振り向いてもらおう」
「こんなことでいつまでもつらいだけなので、嫌だ。さっさと忘れるようにしよう」
と、新しい考えにつながります。

「新しい考えなんかできない。つらくて、かなして、どうしたらいいのかわからない。」もありだと思います。
この言葉は裏を返せば、「どうしたらよいのかわかるのであれば、なんとかしたい。」ということだと思います。
上昇しようという考えが発動していますすね。
受容の効用と、ありがたさを念頭に置くと、もうクライアントの目線から外れませんよね。
どうでしょうか?
私も、今後、こういう意識を忘れずにいたいと思います。

  • 学院長・石川千鶴が直接説明
  • 学び方、学びの活かし方が、資格取得の方法など詳しく説明
    レッスン・カウンセリングまで体験できる無料スクール説明会

きっと得する!

ストレスの謎と解消法がわかる『参加者には5つのお得な特典付き』

無料スクール説明会はこちら

無料スクール説明会はこちら

電話でのスクール説明会のお申込みこちら (受付時間9時-21時)

TEL:03-5321-6180

ハートフルライフカウンセラー学院 公式SNS

Follow us



close