受験ママ 必須マニュアル『ボスママ』

ボスママ
学校にも幼稚園にも存在するかと思います。
リーダーではない。
ボスママと呼ばれます。

このボスママは塾にも存在するのです。


とても、影響力のあるボスママでした。
5人のママを取りまとめている様子でした。
良い影響力だけならよいのですが、なかには困る人も出てきます。

はじめはお茶に誘われる位でうまくやっていたらしいのです。
それどころか、頼りにさえしていたのだとか。
が、そのうち、
「同じ講座をとりましょう」
「同じ体操教室に行きましょう」
「同じお店で子供の洋服を買いましょう」

ある時
「一緒にキャンプに行かせましょう」
とのお誘い。

これを金銭的な理由でお断りしたのだそうです。

そこから、意地悪、が始まったのだとか。

具体的には、
1、私が外れた別のライングループができた
2、お茶に声をかけられなくなった
3、秘密の話をお茶の席で他のママにしていた
4、学校説明会の情報を全くまわしてもらえなくなった
5、こんにちは、と言ってくれない
6、子供のバッグが安物だと言われた
等々です。

それが、他の4人のママたちも、それに従っている、と感じている、のだとか。

このお母様は
頼りにしていて、信頼もしていたので正直にお話をしてキャンプをお断りしたのに、仲間ハズレにされ、裏切られた
と考えて、悲しい気持ち、になったのですね。

このようなとき、認知行動療法ではどのようにしたらよいでしょうか?

今回は、ママの偏った考えに、認知行動療法5つの公式ミラクル当てはめて考えてみましょう。
「いつか、また、何かのきっかけで私にもラインや、お誘いが沢山くるかもしれない」
脳内ばあちゃんになぐさめてもらうのもよいかもしれません。
すると、

頼りにしていて、信頼もしていたので正直にお話をしてキャンプをお断りしたのに、仲間はずれにされ、裏切られた
と考えて、悲しい気持ち、になっていたのが、
子どもについての情報は減るけども、これからは誘いを断ったり、お金の気を使わなくていい
と考えて、気楽、という気持ちになれるかもしれません。

考えをバランスよくすれば、感情・気持ちは変わります。

何しろ、感情・気持ちは自律していない。
考えを変えれば感情・気持ちは連動して変わります

日頃から、バランス良い考えを作ることを意識してみてください。

受験ママ 必須マニュアル 目次

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ハートフルライフカウンセラー学院は
認知行動療法を『カウンセラー養成講座』や『認知行動療法士養成講座』でマスターいただけます。

«

»