職場において

(3)職場で認知行動療法を生かす
職場でも仕事の仲間たちが「悩んでいる」場面に多く出くわします。
もちろん職場で「あなたに認知行動療法をやります」と言うわけには行きません。
しかし、セルフコントロールができるようになったのと同じように、仲間たちのストレスフルな状態も客観的に整理して見られるようになります。
もちろん、ちゃんとしたカウンセリングとしてその人たちと話をするわけではありません。
ですから「分かったつもり」になってはいけません。
それでも認知行動療法のスキルを持つことで彼らの状態を客観的に捉え、場合によってはカウンセリングに行くことを勧めたり、問題解決の手伝いをしたり、行き過ぎることのない的確なアドバイスができるようになるのです。

«