メンタルヘルスのプロとしての心得

カウンセラーや、メンタルトレーナーとして活動し始めると、さまざまな価値観の方とのかかわりの中で、
「自分の思いとは違ったことで活動している」と、
悩む卒業生がいらっしゃいます。

悩んでいる卒業生は
こんなはずではなかった
こんなことをしていて、いいのだろうか
私の想いとズレている
と話します。

活動のなかでは、社会の潮流とともに、自分の想い・考えを変貌していかなければいけない側面がでてきます。

しかし、
これは私がやりたかったことではない
これは私がやるべきことではない
と感じたときには、
学びを始めたときの、純粋な気持ちを取り戻すべく初心に立ち返ることをしてください。

心理カウンセラー、メンタルトレーナーは自分一人で成立するものではなく、クライアントがあっての活動です。

クライアントの想いもあります。
しかし、クライアントの考えが変わる場合、意味を履き違える場合、偽りの場合などがあります。

これは私はやりたかったことではない
これは私がやるべきことではない
と感じた際には、
『やりたかったことではない』
『やるべきことではない』
と考えた理由を整理してください。

そのうえで、
心理カウンセラー、メンタルトレーナーを目指したときの志を思い出し、
自分のやりたいこと』を
心に刻み、自分の進む方向を見失わずに、活動していただきたいと思います。

初心に立ち返る勇気をいつもお持ちください。

ハートフルライフは、いつも皆様のご活躍を応援しております。

 

カウンセラー養成講座こちらからご覧いただけます

 

«

»