受験ママ 必須マニュアルのご提供スタート!

認知行動療法士の福田真智子です。

私は長年、幼児教室で働いていました。

幼児教室とは、小学校のお受験向けの教室です。
小学校のお受験ですから、当然生徒は幼稚園児ということになります。

小学校は勉強が出来れば合格するわけでもなく、その他に面接や遊び、手先の器用さ等々、やらなければならないことは盛りだくさんです。
幼稚園児に数や形、言葉を覚えさせるのはとても根気がいることです
そこに、素直さ、子供らしさを求めるわけですから、お受験に立ち向かうには、相当の時間と費用と労力がかかります。

そうなると、受験ママの悩みは、単なる子育ての悩みとはちょっと違う類いのものとなることが多々あります。

幼児教室で働いていた時に、多くの受験ママから相談を受けお答えしていました。

その時の経験を生かし、更に認知行動療法を活用して、お受験に臨まれている親御さんのストレスケアとして「受験ママ 必須マニュアル」をご提供していきたいと思います。

受験ママ 必須マニュアル」では、お受験時に起こりうる具体的事例に挙げながら、バランスの良い考え方をご提示いたします。

実は、親御さんの考え方がバランス良くなりポジティブな気持ちになることによって、子供も変わってきます。
子は親の鏡という様に、親の気持ちがダイレクトに子供に伝わるのです。
多くのご家庭でそんな良い循環を作っていただきたいと願い、受験ママ 必須マニュアルをご提供することに致します。

お子さんのお受験で悩んだ際に、是非、ご一読していただけましたら幸いです。


1.集団遊びになると積極的に声がかけられない

 

«

»