自分を責める?他人を責める?世に中を責める?

昨日、自動車の車検のため、とあるディーラーに行った時のこと。

既に2週間前に予約をして、費用も支払い、車検のための手続きは終わって、昨日は車を預けるだけの予定でした。
しかし、車検の予定に組み込まれていない、更に、代車の予約が入っていませんでした。

代車を借りる際に、
「事前にお伝えいただいておれば用意をしておけたのですが」
といった、私を責める言葉が続きました。

予約のために来店もしましたし、更に代車を借りることは伝えていました。
しかし、なぜか、予約もされていないし、伝わってもいなかったようです。
そのうえ、予約した際の領収書を見せたのですが、反応はあまり変わらない感じでした。

実は、対応の仕方は、伝わっているか否かではなく、
対応する方の考え方、
・自分を否定する、
・他人を否定する
・世の中を否定する
かによって違ってきます。

自分を否定する人でしたら、
「すみません。対応ができていませんでした。」
となります。

しかし、今回の対応者は、他人を否定的に考える方だったんでしょう。

だから、
「事前にお伝えいただいておれば用意をしておけたのですが」
となったのです。

常識感は人によって、違いますので、普通は、一般的に、常識的に
「代車は用意するもの」
と考えていては、ストレスになってしまうこともあります。

人の否定的な考え方は大きく3つに分かれます。
①自分を否定的
②他人を否定的
③世の中・将来を否定的
この3つをほどよく持っておればいいのですが、どこかに偏りすぎるとストレス原因となります。

もうひとつ事例をご紹介します。

Aさんは多額のお金を借り、返済を全くしませんでした。
何カ月も返済しないどころか、返済の話しすらしないのです。

そのため、貸した方が返済についての話しをしたいと伝えたら、謝罪の言葉は全くなく
貸したあなたが悪い
「返すお金があれば返しますよ。でも、あなた以外にも借金が沢山あるので返せないですね。」
「請求するようであれば、訴えますよ」
というのです。

Aさんの言葉は、常識外れの開き直りのようにも思えますが、これは、他人否定が強いから言える言葉です。

何しろ、『他人は悪い』といったような考え方が根本にあるため、
貸したあなたが悪い。」
と言えるのです。

貸した方は、Aさんのことを考えて善意で貸しても、他人否定が強烈に強い人にかかっては、恩をあだとなって返されるとなるのです。

Aさんを自分勝手と思う人も、Aさんのいう通りと思う人もいます。

家族ですと、『似たもの夫婦』『子は親の鏡』『同じ穴の狢』という言葉もあるように同じ考え方をすることが多いため
たとえば、Aさんの家族ですと
貸した方が悪い
「請求されれば、訴えればいい」
という話で盛り上がり、返済するという考えは出てこないことがあります。

自分の考え方のタイプを知り、更に、
周囲にはどんなタイプがいるかを知っておくと
冷静に物事をとらえることができ、そしてストレスにならずに対処もできる
ようになります。

まずは、自分の考え方のクセを知ってください。

そして、対処方法を身につけてください。

これらを記載したのが
人間関係の悩みをスッキリ解く 5つの公式です。

人間関係の悩みをスッキリ解く 5つの公式
認知行動療法を活用し、考え方を簡単に変えることができるテクニックを紹介しております。

人間関係をスムーズに対応できる術を紹介しておりますので、是非、人間関係マニュアルとしてご活用ください。

«

»