金の切れ目が縁の切れ目。。。縁を大切にする心つくり

お盆の時期が過ぎ、お盆に久しぶりに会った親戚の方とトラブルになったとの話しを、耳にすることが多くなっています。

で多いのは、
毎月送金してくれていた人
借金の肩代わりをしてくれた人
資金援助してくれていた人亡くなったと同時に、
それまでは慕ってきたにもかかわらず、いきなり掌を返すように、
親戚間で連絡を断ったり
恩を仇で返したり
する人がいるということです。

これは、寂しいことに
の切れ目がの切れ目
ということでしょう。

 

お金を騙しとったり、
借金を返さなかったり、
音信不通になったり、
雲隠れしたり、
法的処罰行為道義的問題行為を、親戚中から後ろ指をさされたとしても、平気に行える非情な人が増えたということでしょうか。

を助けるのもです

 

太陽のもと、堂々と心豊かな人生を歩むためにお金だけを重んじるのではなく、
とのつながりを大切にするつくり
をしていってはいかがでしょうか。

 

それは、
人を尊ぶ気持ちと、感謝する気持ちを持てる心をつくることです。

 

人を大切にする気持ちは、自分を大切にする気持ちとイコールです。

 

そのためには、自分を知ること。
自分のことは自分でわかっていると思っていても、意外と知らないものです。
自分を知る努力をしてください。

その努力は他者を知るすべとなります。

自分を大切にでき自己肯定感が高まれば、人を大切にできる心になれます。

他者を知り、良好な対人関係つくりに役立ててください。
対人関係が良くなれば、自身の活動領域も広がっていき、活き活きと自信をもって生きていけるようになっていきます。

 

自分の人生は、自分の責任で、自分の意思で作っていけるのですから、自分や人を大切にする人生を作っていきませんか。

 

人生は儚いもの
豊かな人生だったといえる一生にしたいと私は考えております。

 

 

カウンセラー養成講座では多種多様な自己理解の方法を身につけていただけます。
http://www.heartfullife.jp/counselor/

«

»