うつ病の症状を血中代謝物で判断【九州大学などの研究チーム】

うつ病の症状の重さを、血中代謝物である「3-ヒドロキシ酪酸やベタイン」など20種類を特定したとの報告がされました。

症状によって代謝物に差があるとのことです。

今後、病気か否か、また病気になるメカニズムが解明されていくかもしれません。

注力していきたい研究報告でした。

研究報告

«

»