理論・療法(4)(パーソナリティ理論、発達理論 等)

【テーマ】

性格はいかにして作られる?心の内側を覗く

 

【内容】

「あの人はぽっちゃりした体型だから、大らかな人なんだろうな」「あの人はクスクス笑うから、神経質な人なんだろうな」…人は誰でも他人のことを、何らかの判断基準を持ってみています。胸に手を当てて、よ~く考えてみて下さい。思い当たることはありませんか?
ずっとずっと昔の心理学者も人の性格の分類には基準があるという理論を提唱しました。本カリキュラムでは、そんな基準を持つ自分に気づいて戴き、先入観で判断しそうになったなら、「心の触れ合いをまず大切にしよう」と穏やかな気持ちで自分に言い聞かせてみて下さい。
問題がたくさんあって、穏やかになるのが難しそうな時は、「心の整理」が有効です。実践では、フォーカシングを体験して戴きます。心の中にある気になること、言葉に出来ないモヤモヤした気持ち、うまく言えない感覚にゆっくりと向き合い感じ取ってみます。「何だかスッキリしました」「頭の中がごちゃごちゃしている時に役に立ちますね!」と満足の声を戴けるカリキュラムです。