エリクソンのパーソナリティ発達理論

エリクソンの唱えた「パーソナリティ発達理論」の
 「青年期」について説明します。

エリクソンは「成長過程で『身に着けることが望ましいもの』がある」
としました。

その『身に着けることが望ましいもの』が身に着かないことを
危機状態になる」と考えられます。

青年期では、『身に着けることが望ましいもの』は自我同一性です。

アイデンティティ」とも言い、
自分が自分であるという感覚」、

自分らしさ」と言われるものです女の子男の子

例えば、
日本の大学生は、しばしば「自分探しの旅船」と言って、

色々なことに挑戦したりしますね。

これは自我同一性の確立のために頑張っている状態です。

周囲の大人たちは、
自我同一性を得るために模索しているんだな…」と思って、
ある程度、あたたかい目で見てくれますラブラブ

そして、
自我同一性が身に着かない、
つまり「危機状態になる」と
同一性拡散」と言って、
茫然自失の状態になります汗

自分らしさを何処に求めたら良いか、分からなくなる状態です。

人間は身体も成長していきます。
それぞれの発達段階において、
心理的側面から見てみるのも、

また新しい発見がありますねニコニコメモ

 

«

»