企業・団体内でのメンタルケアの取り組みは必須
ストレスチェック制度は2015年に義務化

日本では社会・産業構造、技術など人を取り巻く環境が急速に変貌しており、そのため社会不安やストレスの増加により、「うつなどの心の病気」「自殺」「パワハラ・セクハラ」など様々な問題が急増しております。
国は心の問題を社会問題と捉え、とくに厚生労働省からは「労働者の心の健康の保持増進のための指針」「ストレスチェック制度の義務化」が示され、企業内での取り組みについてもその役割と責任が問われるようになってきています。
このような背景の元、職場においては健全な経営を推進する際に、人事・労務担当様や管理者の方々が通常の業務のほかに、心理的な支援活動が重要業務になってきております。
ハートフルライフカウンセラー学院は、認知行動療法などの専門スキルを使って、職場においてのメンタルヘルスを支援いたします。

現状と対策

◆現状

・「自殺者」 1998年から20,000人以上
・うつ病患者急増
・「心の病」による企業における休職者
・従業員3,000人以上の企業で95%超

 

◆国の対策

・働く人の健康の保持増進に資するTHP(トータルヘルスプロモーションプラン)を推進(1998年から)
・「労働安全法」改正(2005年)
・心理療法である「認知行動療法」の効果を厚生労働省が認め、2010年4月から保険報酬スタート
・ストレスチェック制度の義務化(2015年)

 

◆企業における対策

・加重労働の場合(例 月100時間を超える残業)、医師による面接指導義務付け
・メンタルヘルス研修・対策の実施

【現状】
・相談(カウンセリング)
・定期健康診断の問診
・従業員に対するセルフケア研修(メンタルヘルス、コミュニケーション等)
・労働環境の改善
・管理監督者に対するラインケア研修

セミナー・研修会テーマ

  • キャリア形成(キャリアコンサルティング)
  • コミュニケーションスキル向上プログラム
  • メンタルヘルス
  • 対人関係スキルアッププログラム
  • 相談力
  • 能力開発
  • 自己理解

キャリア形成(キャリアコンサルティング)

コース名 対象者 コース概要

キャリア形成 (キャリアコンサルティング)

管理者向け

・自己理解
・自己の棚卸し
・キャリア理解
・キャリア開発
・プランニング(短期的、中長期的)

コミュニケーションスキル向上プログラム

コース名 対象者 コース概要

コミュニケーション 上手になる!

個人向け

一般従業員

・コミュニケーションの基礎知識
・コミュニケーションスキルの三要素である「聴く力」,「伝える力」,「感じる・理解する力」の習得
・コミュニケーションタイプ別対応方法
・上手に自己を表現するアサーショントレーニング

メンタルヘルス

コース名 対象者 コース概要

悩みを3分で解決!

個人向け

一般従業員

・心のメカニズム
・個人特有の考え方の偏り
・認知行動療法を用いた悩み3分解決方法の実践

厚生労働省の メンタルヘルス指針に基づく 「セルフケア」

個人向け

一般従業員

・ストレス度チェック
・ストレスコントロール法
・こころと体に効果的なリラクセーション法
(1)呼吸法(2)自律訓練法
・ストレス病について
(うつ病、心身症、神経症)

メンタルヘルス インストラクター養成

個人向け

一般従業員

職場の管理監督者

・自分らしさを見つけ出す自己分析方法
・セルフケア方法
・タイプ別コミュニケーション方法
・コミュニケーション強化方法
・対人関係スキルアップ方法
・ストレス解消のためのリラクゼーション方法
(日本推進カウンセラー協会の認定メンタルヘルスインストラクター資格を取得可)

厚生労働省の メンタルヘルス指針に基づく 「ラインケア」

職場の管理監督者

・自分らしさを見つけ出す自己分析方法
・セルフケア方法
・タイプ別コミュニケーション方法
・コミュニケーション強化方法
・対人関係スキルアップ方法
・ストレス解消のためのリラクゼーション方法

心の健康づくり メンタルヘルス対策

一般従業員

職場の管理監督者

・ストレス度チェック
・集団カウンセリング
・メンタルヘルスケアの体制構築および計画づくり

対人関係スキルアッププログラム

コース名 対象者 コース概要

対人関係を楽にするコツ!

個人向け

一般従業員

・認知行動療法を活用し、自分の気持ちを整理
・ミスコミュニケーションの発生原因について理解する
・自己主張タイプから自分を理解
・上手に自己主張するアサーティブな表現方法を習得

相談力

コース名 対象者 コース概要

カウンセラー養成

個人向け

一般従業員

・カウンセリング概要、
・心理学、心理療法
・カウンセリング技法、実践
・精神医学、心身医学
・ストレス、メンタルヘルス
(日本推進カウンセラー協会の認定心理カウンセラー資格を取得可)

能力開発

コース名 対象者 コース概要

コーチング

管理者向け

・コーチングが必要となった知識社会とは
・基本概念
・プロセス
・実践のための基本スキル
・メンバーに応じたコーチングスタイル

アサーショントレーニング

個人向け

・自己表現法
・自己主張タイプ(自己中心、他者中心、アサーティブ)
・自己表現を妨げる考え方
・アサーティブスキル(DESC法)

自己理解

コース名 対象者 コース概要

自分について理解を深め、自分を好きになる

個人向け

一般従業員

・交流分析理論のエゴグラムを活用し、性格分析。
・「本当の自分は?」「他人からどう思われやすい?」などを発見
・自分らしさを目指す

お申し込み方法

1、コースを選択

ホームページ、パンフレットにおいて、希望のコースをお選び下さい。
詳細は、お電話、ホームページ、メールのいずれかでお問い合わせ下さい。

 

2、「研修内容」、「日程」、「費用」の打ち合わせとご提案

貴社の要望をお聞きするため、研修内容、日程、費用などについての打ち合わせを実施いたします。
基本的には、御社に弊社・担当者がお伺いさせていただきます
貴社に適した研修・講習会をご提案いたします。

 

費用は受講生の人数により変わります。
お見積もりをご提示いたします。

 

3、決定

研修内容・日程・費用のご決定。
研修・講習会当日、貴社会場にお伺いいたします。
教材一式は、前日までに貴社にご送付させていただきます。
※費用の振り込み方法は、打ち合わせの際に決めさせていただきます。