1 2 3 4 5 6 269

‘カールが東京からなくなる’から負の感情の対処方法を考える

2017.05.26 10:00

メンタルヘルス

‘カールが東京からなくなる’
とのニュースが流れショックを受けました。

カール


あると思っていたものが、なくなるのは悲しいです。

カールの話ではないですが、悲しいという負の感情への対処方法をご紹介したいと思います。


悲しいといった負の感情に対処する方法
(1)自分で考えて解決できるか否か考える
悲しい
といった負の感情に対処する方法は、まずは、自分で考えて解決できるか否かを考えます。


カールがなくなる!
これは自分で考えても解決できません。

ですから、分で考えても解決できないとの認識をしっかりと持つことです。


(2)考えること自体をストップ
自分で考えても解決できないとの認識できたら、考えること自体をストップさせます。

ストップさせる方法として4つご紹介します。

1.自分を観察する
・自分が今、どのような状態であるを客観的に捉えられるように観察します。

2.別のことを考える
・例えば、昨今いわれているマインドフルネスを活用すると、呼吸に意識を向けます。
食事をしておれば、食べている自分に意識を向けてもいいです。
なんでもいいですので、心が落ち着くものに意識を集中させることです。

3.上記1や2を実現するために人と話す、運動をするなどの動作に意識を向ける
人と話をする、運動することに意識を集中させ、もともと負の感情を作っていたものから、意識の向きを変えます。

4.寝る
寝る行為に行って、強制的に考える行為を停止させます。

上記の方法のどれが適しているかは、個人差があります。
いろいろ試して、自分に合った方法を見つけてみてください。

http://www.heartf心理カウンセラーになるための3要素

続きを見る

OLからの転身ストーリー【お局様はナゼ存在するか?いい関係を作るコツ!】

2017.05.22 10:00

OLからの転身ストーリー

私は、認知行動療法士、心理カウンセラー、メンタルトレーナーになる前には、3つの企業で務めたことがあります。

その際に、お局様だ!と思い、私は合わないと感じる方がいつもいました。

お局様

3人のお局様の共通の特徴は、
自分の考えや価値観を押し付ける
厳しく叱責する
「~すべき」「~しなければならない」という言葉をよく使う
です。

ナゼ!


心理学の交流分析を学んでわかりました。

これは、性格の一つ。

お局様の性格は交流分析エゴグラムによると
自分の価値観や考え方を優先する。他人に対して批判的。

そして合わないと感じていた
の性格は交流分析エゴグラムによると
現実を重視し物事を判断しようとしてする。合理的。

私が合わないと思っていたのは、自分の性格が標準的と考えて、お局様の性格を認めていなかったからです。

お局様の性格は交流分析エゴグラムによると
・リーダーシップをとって率先して物事を行う
・責任感が強い
という部分もあります。

それを理解し認識することで、お局様の性格を認め、お局様の言動を客観的にとらえ受け入れられるようになりました。

心理学を勉強して感じることは、
・人は自分を標準と考えている
・人は多面的であり、一面だけをとらえて人を判断している
ことが多く、多様的な性格があることを忘れがちになっているということです。

ストレスコーピング


生きていく中で多くの人とかかわっていますから、性格を認め受け入れるコツを身につけると日々の生活がになると思います。

私が学んだ交流分析【カウンセラー養成講座】はで学んでいただけます。講座名をクリックしてご覧いただけます。

OLからの転身ストーリーは下記からご覧いただけます
鳥紗ゆきこ

続きを見る

脳活性クッキングレシピ「フレッシュトマトのパスタ」

2017.05.25 10:00

脳活性料理

心の病気脳の不活性状態から起こります。

心の安定を図る脳内物質として注目されているセロトニンを増やす食事を紹介します。


セロトニンを増やすポイントは、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の摂取です。

フレッシュトマトのパスタ

・材料
・パスタ:100㌘
・ミニトマト:8個
・しめじ:4分の①
・ベーコン:一枚
・バジル
・粉チーズ
・とうがらし
・にんにく:1つ
・白ワイン:大さじ1

・作り方
①パスタは鍋にたっぷりのお湯と塩を入れゆでる。
②フライパンにオリーブオイル、みじん切りしたにんにく、とうがらしをいれて香りがでるまで炒める
③②に半分に切ったミニトマトと細く切ったベーコン、しめじ、白ワイン、①の茹でじるをいれ煮詰めていく。
④③に①のパスタをいれ細かくしたバジルを入れて盛り付ける、粉チーズをかけ完成。

※今回はパスタです。
脳活性に必要な成分が含まれている、パスタ、にんにく、粉チーズを使用しています。
トマトの酸味と具材がマッチして美味しく食べれます。
バジルを多めにいれても美味しいです。



脳活性料理 目次

続きを見る

ハンドリフレカウンセラー養成講座を開催 5/19

2017.05.19 20:00

ハンドリフレカウンセラー養成講座

本日、ハンドリフレカウンセラー養成講座を開催しました。

ハンドリフレカウンセラー170519

午前は、対人認知の仕方や、来談者中心療およびび認知行動療法のカウンセリングの学びを、ワークと座学で修得いただきました。

午後は、ラベンダーのアロマオイルを使って、ハンドリフレの仕方を身につけていただきました。

ハンドリフレは、人と人と肌の触れ合いであるグルーミング行動のひとつであるため、脳から愛情ホルモンのオキシトシンがたっぷり分泌されます。
そのため、受講生の皆さんが笑顔溢れる授業となっております。


受講生の声をご紹介いたします。
1.若山久美子さん
日頃の仕事疲れが癒されました。
効果を実感しましたので、今後は、私が疲れている方を癒してあげたいと思います。
簡単で手軽にハンドのスキンシップで心が癒されるのは素晴らしいことだと思い受講しましたが、想像以上で大満足でした。

2.池田智子さん
カウンセリングをしていくにあたり、ハンドリフレによるスキンシップから信頼関係を築けたらと思い受講しました。
スキンシップは言語のコミュニケーション以上の効果があると実感しました。
手軽ながらも、短時間でとてもリラックスでき、想像以上に良い体験ができました。

3.松田庸子さん
楽しく一日勉強ができました。
今後、職場やボランティアで、幅広く活用していきたいと思います。

4.松元花子さん
カウンセリングだけでなく、アロマやリラクゼーションに興味があったので受講しました。
とてもわかりやすく、今後のためになると感じました。
皆さん話しやすく、楽しくできました。

5.松岡敬子さん
香りで自分自身、落ち着くことができた経験から、アロマに興味があったので、アロマオイルを使ったハンドリフレカウンセラー養成講座を受講することにしました。
楽しく講座を受講することができ大満足です。

次回は7月8日(土)に開催します。

ハンドリフレカウンセラー養成講座

DSC_0098


続きを見る

自殺死亡率 日本はワースト6位 【厚生労働省の分析結果】

2017.05.19 10:00

自殺

日本の自殺死亡率は世界で6位。
10万にあたり19.5人の方が自殺との報告が厚生労働省より発表されました。

自殺者数は、2003年以降減少傾向にあるとはいわれております。
しかし、世界的比較調査をすると自殺される方が多いのが現実です。

体の異変はわかりやすいのですが、心の異変は目に見えないだけに、自身も周囲も気づきにくいものです。

の健康の健康でもあります。
脳は身体全ての司令塔。

心の健康について意識を高めていただきたいと痛切に感じております。

*参考
<自殺死亡率ワースト10>
1.リトアニア
2.韓国
3.スリナム
4.スロベニア
5.ハンガリー
6.日本
7.ラトビア
8.ウクライナ
9.ベラルーシ
10.エストニア

KQ064_72A

続きを見る

1 2 3 4 5 6 269

PAGE TOP