1 2 3 4 5 6 263

明日は心理カウンセラー&メンタルトレーナーの資格試験!

2017.03.25 10:00

日本推進カウンセラー協会

明日は、日本推進カウンセラー協会認定の心理カウンセラー&メンタルトレーナー資格の試験が開催されます。

心理カウンセラーは、心を疲弊し消極的ななっている方をサポート

メンタルトレーナーは、夢や目標を抱えて結果を出したいと考えている方をサポートします。

どちらもストレス社会において、メンタルをケアしているためには必要な専門家です。

明日は、ハートフルライフカウンセラー学院のカウンセラー養成講座・修了生も多数受験します。

皆さん、合格目指して最後まで頑張りましょう。

170326

続きを見る

脳活性クッキングレシピ「サバ缶のトマト煮

2017.03.23 10:00

脳活性料理

心の病気脳の不活性状態から起こります。

心の安定を図る脳内物質として注目されているセロトニンを増やす食事を紹介します。


セロトニンを増やすポイントは、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の摂取です。

サバ缶のトマト煮

・材料
・トマト缶   2分の①
・サバ缶       2缶
・たまねぎ   小さめ1つ
・にんにく   大①
・輪切り唐辛子
・白ワイン   大さじ①
・オレガノ
・じゃがいも

・作り方
①鍋にオリーブオイル、みじん切りしたにんにく、輪切り唐辛子を入れて香をうつす。たまねぎをスライスして入れる。しんなりしてきたらサバ缶を汁ごとと白ワインを入れて煮詰めていく。
②①を煮詰めてる間に、じゃがいもを洗い皮ごと切り焼いていく
③①のトマトが半分ぐらいになったらオレガノ、塩、こしょうで味を整え、じゃがいもを飾り完成。

※今回はサバ缶料理です。
脳活性に必要な成分が含まれているじゃがいも、にんにく、サバ缶を使用しています。
家にあるもので簡単につくれます。
サバ缶の汁を一緒にいれることで味がしまり美味しくできます。
パンにつけてもいいですしパスタにでも美味しく出来ると思います。


脳活性料理 目次

続きを見る

心理カウンセラー&メンタルトレーナーを目指して

2017.03.19 13:07

日本推進カウンセラー協会

今回も100名近い方々が、日本推進カウンセラー協会心理カウンセラーメンタルトレーナーを目指して資格試験を目指していただいております。

先日、3月4日も対策講座を開催し、皆さん、真剣にメモを盛りながら、最後のまとめに入っておりました。

資格は、
他者にスキルを認めてもらう証であり

自分の自信を高めるものでもあります。


皆さんが、資格取得が実現し、メンタルヘルスのプロとして活躍されますことを心よりお祈りいたします。

image1_13176260221

 

 

続きを見る

ロースクール生応援! フォーカシング<こころの整理術>

2017.03.10 9:00

ロースクール生応援!司法試験合格に向けたメンタルケア術

今回は司法試験合格に向けた「メンタルケア術 その2」です。
心理学のフォーカシング技法を用いた「こころの整理術」をご紹介します。
(フォーカシングとはここをクリックしてご確認ください)

司法試験の勉強を続ける中で、誰しも漠然とした不安に襲われることがあるかと思います。
なんだか、気持ちがもやもや、ざわざわして落ち着かない・・・。
勉強にも集中しにくいのではないでしょうか。

混乱

そんな時、こころには「もや」がかかっていて、車の運転に例えるならば、フロントガラスが曇ってよく見えない状態です。
視界不明瞭な状態では、目的地(司法試験合格)へまっすぐ進んでいくことも、困難となってしまうでしょう。

1.こころの整理術
今回ご紹介する心理学のフォーカシング技法を用いた「こころの整理術」は、そんなもや(フロントガラスの曇り)を晴らす有効な方法です。
効果として、自身の現在の気持ちに注意を向けることで、こころの内をよく確認し、整理できるようになります。
また、気分を落ち着け、リラックスすることにもつながります。

紙1枚と鉛筆1本があれば簡単にできるので、ぜひ試してみてください。


2.こころの整理術 具体的方法
1 まず、紙と鉛筆を用意します。(大きさや種類は問いません)

2 次に、紙の中央に自身を示す言葉(私、僕、自分…なんでも構いません)を書き、○で囲みます。
そして、紙全体が「あなたのこころ」だと想像しましょう。

3 次に、自身の現在の気持ちに集中します。
何か気がかりなことや困っていることが浮かんできたら、その気持ちを、自由に紙の余白に書き出します。

4 そして、同じように、他にも浮かんでくる気持ちを次々に紙の余白に書き出していきます。
その際、文字の大きさ、場所、装飾(例えば、イライラした気持ちのまわりにギザギザの囲いをつける等)も、自由に表現してみましょう。
また、困っていることの他、楽しいことやワクワクすることなど、自身の気持ちすべてを紙の上に書き出します。

5 気持ちをすべて紙に書きだしたと思えたら、最後に紙全体を俯瞰してみます。
書き出す前と後で、どのような気持ちの変化があったか、確認してみましょう。

私も、ハートフルライフカウンセラー学院でこの「こころの整理術」を学んでからは、時折紙に気持ちを書き出し、気持ちの棚卸しと整理を行っています。
自身の内側にくすぶるモヤモヤした気持ちを、紙の上に「見える化」することで、だいぶ気持ちが楽になりますよ(^^)

サンプル写真を載せますので、参考にご覧下さい。
image1

ロースクール生応援!司法試験合格に向けたメンタルケア術・目次

住田憲隆
 

私が学んだカウンセラー養成講座・プロフェッショナルコース はこちらをクリックしてご覧いただけます。

 

続きを見る

脳活性クッキングレシピ「パッパアルポモドーロ」

2017.03.09 10:00

脳活性料理

心の病気脳の不活性状態から起こります。

心の安定を図る脳内物質として注目されているセロトニンを増やす食事を紹介します。


セロトニンを増やすポイントは、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の摂取です。

パッパアルポモドーロ

・材料
・食パン又はバケット
・トマト缶  2分の①
・にんにく  1つ
・オリーブオイル
・粉チーズ  適量
・バジル
・コンソメ小さじ①水200㏄あわせたもの

・作り方
①パンを適当な大きさに切り、コンソメと水をあわせたものに浸す。
②フライパンにオリーブオイルとにんにくみじん切りにしたものを入れてかおりをだす。トマト缶を入れる
③②に①を入れてパンを潰して弱火にし少し煮詰めて塩、こしょう、粉チーズで味を整える。バジルをそえて完成。

※今回はパンをお粥にしたものです。
脳活性に必要な成分が含まれているパン、粉チーズ、にんにくなど使用しています。
他に具材を入れてもいいですがお粥と、いうことでシンプルにしあげました。

脳活性料理 目次

続きを見る

1 2 3 4 5 6 263

PAGE TOP