マインドフルネス

マインドフルネスとは、今という瞬間の自身の身体と気持ち・感情に意識を向けることにより、自覚し気が付いていくこと。

ストレス対処法の一つとして活用されている。

マインドフルネスは今を考える行為であり、この行為は、マインドワンダリングにより脳の中に発生したコルチゾールの増加が抑えられる効果がある。
ハーバード大学の研究では、ストレスにより損傷していた海馬の一部が増加し回復が見られた。また、その際に扁桃体が減少し、ストレス反応が逓減していた。

マインドフルネスの中でも、マインドフルネス瞑想は、マサチューセッツ工科大学医学部がストレス逓減法として提唱し、呼吸に意識を向け浮かんできた雑念を考えず、集中力を研ぎしまていく方法である。

«

»