内田クレペリン方法

内田クレペリン方法とは、クレペリンの連続加算の実験を、内田勇三郎が性格検査化したもの
被検者に一列に並んだ数値を連続加算する作業を繰り返させ、それによって得られる作業速度の変化を示す曲線(作業曲線)を評価する作業検査法である
作業到達の曲線、誤答率、開始時や終了直前に見られる作業率の変化、休憩の影響などから性格を測定する

«

»