カウンセリング用語

  • お役立ちコラム
  • カウンセリング概論
  • 心理学・理論・療法
  • 心の病気
  • ストレス
  • 自己理解・心理アセスメント

お役立ちコラム

系統的脱感作法

系統的脱感作法とは、精神科医ジョゼフ・ウォルピが提唱した、行動療法の一つです

系統的脱感作法を知っていると、日常生活に支障を来たすような、負の感情を感じるものにも、
どのように対処すれば良いのか分かってきます。

恐怖を感じるもの、不安を感じるものに対して過敏になった状態から、段階的に抜け出していくための方法です。
そのためには、まず『不安階層表』を作ります。

不安恐怖を感じる場面を挙げ、それぞれの場面について、
どの程度、不安恐怖を感じるか点数をつけた後、点数の低い場面から高い場面に向かって並べるのです。

【不安階層表】に従って、点数の低い場面から順にイメージトレーニングを行います。

例えばとすると、に関する場面をたくさん思い浮かべ、
その中でも一番怖い時を100、まったく怖くない時を0とします。
そして、怖さレベルが低いものから高いものへイメージしていきます。

不安階層表が全部クリア出来たら、は平気になります。
トラウマをケアしたり、恐怖症を克服したりする時に、大変有効な方法です。
イメージで取り組みますので、一人で出来るのも長所です。


点数化して可視化することは、客観的に見る上でも、大切なことですから、ぜひ実行してみて下さいね!

心理学・理論・療法


PAGE TOP