カウンセリング用語

  • お役立ちコラム
  • カウンセリング概論
  • 心理学・理論・療法
  • 心の病気
  • ストレス
  • 自己理解・心理アセスメント

お役立ちコラム

DSM 「精神障害の診断と統計の手引き」

DSMとは「精神障害の診断と統計の手引き」の略称で、内容はアメリカ精神医学会が定めたマニュアルです。
これまで5回の改定が行われており、現在は2013年に出版された、第五版に当たるDSM-5が最新です。

 ご自宅の本棚に『家庭で分かる病気の本』などの本をお持ちの方も、いらっしゃるかと思いますが、DSMも似ていて、
「私、うつ病かしら…」と思ったクライエントさんのために、カウンセラーさんたちが診断の手助けをする際に用います

 うつ病を初め、発達障害や摂食障害など、様々な診断基準が載っていて、
例えばうつ病であれば、

「これとこれの症状のうち、少なくとも1つが認められ、更に以下の症状の中から、併せて5つ以上の症状が、殆ど1日中、毎日あり、どのぐらいに渡っていればうつ病

というように、症状を辿って見ていけば分かるようになっています。

心の問題心療内科精神科などにかかるべきかどうか、また、どんな症状が見られれば心の病気なのかなどについて、参照したい時に、DSM見方を知っておくと有効です。

DSM

心の病気


PAGE TOP