P-Fスタディ(絵画欲求不満テスト) Picture-Frustration Study

P-Fスタディとは、ローゼンツァイクによって提唱された性格検査。
作成された日常生活での24の欲求不満場面に対する反応を分析する。
24の場面は、「超自我阻害場面」と「自我阻害場面」の2つから構成される。
他人から害を被った場面や攻撃を受けた場面、欲求不満が喚起される場面などがイラストで示され、被験者は空白の吹き出しが描かれている人物を同一視し、吹き出しの中に記入する。記入内容を分析し性格を判断する。

«

»