不安階層表

不安階層表とは、不安恐怖を感じる場面を特定し、それぞれの場面について、
どの程度、不安恐怖を感じるか点数つけた配列表のことです。

自分が不安を感じる事を、10段階ほどの点数をつけたランキング表にします。
最も抵抗があり「絶対にできない!」(だけど、できるようになりたい)と思うことを100点とし、何の不安も感じない行為を0点とします。
そしてその中間にあてはまるものも、じっくり考えながら表に書いていきます。

そうして階層表を作ると、自分の行動傾向がわかり、目標までのステップが明確化されます。

系統的脱感作法暴露療法(エクスポージャー)の実施においてよく用いられます。

«

»