カウンセリングの倫理 「多重関係の回避」

カウンセリングの倫理多重関係とは、カウンセリングにおいて、カウンセラー」と「クライエント以外の人間関係を作る状態を指します。
「もう一つの役割を負う」とも言い換えられます。

例えば、
カウンセラー」と「クライエント」であると同時に、

☆「」と「」であるとか、
☆「上司」と「部下」であるとか、
☆「友人どうし」であるとか、
☆「恋人同士」である
などです。

身近な人を助けるためにカウンセリングを身に付けたい、という気持ちは素晴らしいことだと思います。
学んで戴く時には、とても大切なモチベーションになります。

でも、現実には、家族間、夫婦間、親子間、友人どうしなどのカウンセリングは望ましくありません。
利害関係が成り立たないよう多重関係の回避を意識して下さい。

«

»

  • 学院長・石川千鶴が直接説明
  • 学び方、学びの活かし方が、資格取得の方法など詳しく説明
    レッスン・カウンセリングまで体験できる無料スクール説明会

きっと得する!

ストレスの謎と解消法がわかる『参加者には5つのお得な特典付き』

無料スクール説明会はこちら

無料スクール説明会はこちら

電話でのスクール説明会のお申込みこちら (受付時間9時-21時)

TEL:03-5321-6180

ハートフルライフカウンセラー学院 公式SNS

Follow us



close