認知行動療法はアメリカ発!
世界の様々な現場で活用
日本は厚生労働省が効果を実証

認知行動療法(CBT*)は、ストレスになる状況をつくり出す否定的な考え方やモノの見方(認知)に自らが気づき、それを修正し、バランスのよい考え方を身に着け、気持ちを楽にする療法です。
1970年代、精神科医・アーロンベック氏により提唱され、日本では厚生労働省が効果を実証し、うつ病・パニック障害・摂食障害・PTSDなどでは保険適応として認可されています。
心の病気以外に、セルフケア、日常のストレス対処、メンタルトレーニングなどに適当範囲は広がり、話題の療法として注目されています。
【監修:ハートフルライフカウンセラー学院学院長・石川千鶴】
学院長・石川千鶴は厚生労働省・職業情報サイト(o-net)のカウンセラー(医療福祉分野)紹介ページにおいてカウンセラーを務め、認知行動療法にてカウンセリングを実施。
*CBT:Cognitive behavioral therapy

  • 学院長・石川千鶴が直接説明
  • 学び方、学びの活かし方が、資格取得の方法など詳しく説明
    レッスン・カウンセリングまで体験できる無料スクール説明会

きっと得する!

ストレスの謎と解消法がわかる『参加者には5つのお得な特典付き』

無料スクール説明会はこちら

無料スクール説明会はこちら

電話でのスクール説明会のお申込みこちら (受付時間9時-21時)

TEL:03-5321-6180

ハートフルライフカウンセラー学院 公式SNS

Follow us



close