女性の更年期障害

女性の更年期障害は、女性ホルモンが急に減る40歳代後半に多い。
更年期とは閉経前後の10年間をさし、日本の場合は50歳あたりで閉経する人が多いため、50歳前後の10年間ぐらいは更年期になる。

この時期は、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減り、のぼせ・ほてり(ホットフラッシュ)や肩こり、頭痛など身体症状や抑鬱感やイライラ、集中力低下など精神面の変調が起きやすくなる。
更年期症状は強く出る人やそうでもない人とまちまちである。

症状緩和の有効の方法の一つとしては、悩みを人に話すことである。
また、腹式呼吸で自律神経のバランスを整えるもの有効である。

«

»

  • 学院長・石川千鶴が直接説明
  • 学び方、学びの活かし方が、資格取得の方法など詳しく説明
    レッスン・カウンセリングまで体験できる無料スクール説明会

きっと得する!

ストレスの謎と解消法がわかる『参加者には5つのお得な特典付き』

無料スクール説明会はこちら

無料スクール説明会はこちら

電話でのスクール説明会のお申込みこちら (受付時間9時-21時)

TEL:03-5321-6180

ハートフルライフカウンセラー学院 公式SNS

Follow us



close