心理教育

認知行動療法の特徴の一つである心理教育は、クライエント自身がセルフカウンセリング出来るようになるために必要なものです。

認知行動療法の心理教育とは、クライエントさんに、病気の概要症状などの知識治療方法再発予防などに関する心理学的な情報をお伝えし、クライエントが主体的に、療養生活を送れるようにしていくことです。

認知行動療法では、アセスメントシートを用いた問題の把握の仕方、解決に向けての治療法について説明をしたりします。

 例えば、クライエントさんにいきなり、「では、ストレスに感じた出来事の、瞬間をありありと教えて下さい」「その時の感情の強さは、どうでしたか」、と言っても、すぐには答えられませんので、まずは

*悩みがどんなふうに起こってくるものなのか?
認知行動療法とはどういった心理療法なのか?
*どのようにして心を楽にするのか?

などを理解・納得して戴いたうえで、カウンセリングへの参加意欲を持って、臨んで戴く必要があります。
心理教育の仕方は、認知行動療法士養成講座でも、実践演習によって、身に着けることが出来ますので、より深い学びを得たい方は、ぜひ取り組んでみてください。

«

»

  • 学院長・石川千鶴が直接説明
  • 学び方、学びの活かし方が、資格取得の方法など詳しく説明
    レッスン・カウンセリングまで体験できる無料スクール説明会

きっと得する!

ストレスの謎と解消法がわかる『参加者には5つのお得な特典付き』

無料スクール説明会はこちら

無料スクール説明会はこちら

電話でのスクール説明会のお申込みこちら (受付時間9時-21時)

TEL:03-5321-6180

ハートフルライフカウンセラー学院 公式SNS

Follow us



close