認知行動療法士養成講座

認知行動療法士養成講座は認知行動療法のスキルを高めるプログラムになっています。
厚生労働省が作成した認知行動療法マニュアルを活用し、現場力を高い質での現場力を修得できます。

認知行動療法士養成講座は、認知行動療法のスキルを高めるために、カウンセラー役、ククライエント役としての実践を重点的に学びます。

実践練習を通して、認知の歪みやスキーマ、認知の修正後の負の感情の軽減などを実感として理解することができます。

認知行動療法のスキルを高めることで、カウンセラーとしての能力と自信を深め、相談者との信頼関係を築きやすくします。

セルフカウンセリングにも、適しているので、自分力に磨きをかけるのに役立ちます。

クライエントとの治療全体の流れ(セッション)を把握し、初回から終結までを具体的に学びます。
うつ病と認知行動療法の心理教育、アジェンダの設定、コラム法、スキーマの同定、心の法則などが具体的なシナリオで示されるので、理解しやすいものになっています。が具体的なシナリオで示されるので、理解しやすいものになっています。

また、実際に困った問題があるときに役立つ、問題をうまく解決する方法「問題解決法」と、対人関係の問題や悩みを改善、解決する方法「アサーション」も学べます。

問題解決法は日常生活の中で起こり得る様々な問題の解決法として役立つものです。

アサーションは家庭や職場などの対人関係での改善に効果的な方法です。

認知行動療法士養成講座こちらから

»