発達障害の子供と向き合い、離婚を選択した、自分をセルフケアしたいと思い学びをスタート

2020.08.11

工藤 もとこさん   ◾️認知行動療法士養成講座


発達障害の子供と向き合う日々を送るも、その子供を夫婦で力を合わせて育てられず、離婚という選択をしたことを、深く悩んでいました。
そのため、セルフカウンセリングができることを目標に、認知行動療法を学んでおりました。

 

学べば学ぶほど、自分はうつ状態だったのだと気づかされました。
そして、その悩みは自分の‘偏った思考グセ’が原因であることがわかりました。
認知行動療法を学んだことで、‘偏った思考グセ’を、柔らかでしなやかなバランスのよい思考に変えることができ、自分で自分を苦しめる‘偏った思考グセ’から脱出するできました。

 

ハートフルライフカウンセラー学院では、受動的な来談者中心療法による寄り添うカウンセリングのみではなく、能動的な認知行動療法が学べたため、自分自身で積極的にセルフケアができるようになったのは、感謝です。

 

学んだことは、夫婦のこと、子育てのことで、私と同じような悩みを抱えている方に寄り添うことができると考えており、今後の活動の1つとして実現していきたいと考えております。

 

スクールの雰囲気がアットホームですので、それがそのままクラスの雰囲気になっており、居心地のよい空間で学べたことにも感謝です。
クラスメートとは、授業以外でも勉強会として集合したり、資格試験までのモチベーションを高めることができたのは良かったです。
クラスメートとは、年齢の枠を超えて、励まし合える間柄になれましたので、この繋がりを大切にしこれからも刺激し合いながら、学びを活かしていきたいです。

«

»

学院長・石川千鶴が直接説明

スクール説明会

  • 学び方、学びの活かし方、資格取得の方法など詳しく説明
  • レッスン・カウンセリングまで体験できる
\きっと得する!/
ストレスの謎と解消法がわかる5つの特典付き
無料スクール説明会のご案内はこちら