カウンセリング養成講座・プロフェッショナルコース 

プロフェッショナルコースは、多種多様な実践を重ね、更に認知行動療法ではコラム法を修得し、メンタルヘルスのプロとしての活躍を目指すコースです。

論理的な心理学手法・療法や問題解決型の手法・療法を学び、充実した実践力が身につきます。

●考え方の偏りが作り出された原因と維持されるメカニズムを知る
認知・感情(気持ち)・行動・身体反応の4つの相互作用を知ることができます。
4つの相互作用を理解することで、認知の歪み(考え方の偏り)が負の感情を引き起こし、それが行動や身体にも影響を及ぼしていることがわかります。
また、人それぞれにある「思い込み」や「自動思考」、「スキーマ(不快の源)」を理解することで、どのような偏りがあるか、気づくことができます。

●認知行動療法を使いこなす技能をマスター

コラム法を中心とし、認知の再構成をする方法を、実践を通じてマスターしていきます。
実践の中で悩みの出来事や状況を聞き、「事実」と「考え」を明らかにしていきます。
人は、それまでの体験や勝手な判断などで、事実ではないことを、事実と思い込みがちです。
そこを明確に区別していくことで、自己の認知の歪みに気づかせ、新たな別の考え方を導き出していきます。
カウンセラーの投げかける質問により、クライエントは自己の偏った考え方に気づくことができ、その上で、考え方を修正し、悩みの解決・改善が図れます。
カウンセラー役、クライエント役として練習を積み重ねることにより、実践力の充実が図れます。

カウンセラー養成講座・プロフェッショナルコース

«

»