連載コラム - 摂食障害克服記

摂食障害克服記 (第三十一回目) 【大学1年 5月 – 痩せていることへの安心感】

摂食障害克服記

2016.06.06

ハートフルライフカウンセラー学院のスタッフ、鳥沙ゆきこです。 今回は、大学に入ってから食べることへの恐怖心が減少するなど良い心の変化があり、「このまま順調に向かっていけるかもしれない」と思ったところに、 新たな不安を感じるようになったことについてです。   大学入学して、「この節目をチャンスに変わりたい」という思いがあったのは事実ですが、実際、勉強や時間に対して、自分をストイックに追い込むことをしないようにすると、「自分に甘いのではないか」「怠けているのではないか」という思いから焦りが出てきたり...

» もっと見る

摂食障害克服記 (第三十回目) 【大学1年 4月 – 大学入学 新生活が始まって】

摂食障害克服記

2016.05.30

ハートフルライフカウンセラー学院のスタッフ、鳥沙ゆきこです。 今回は、無事に高校を卒業し、大学に入学、新しい生活が始まった頃の心の変化についてです。 私にとって高校3年間は、拒食症になり、「食べる」ことに関して異常に神経質になって、毎日体重を計っては、「痩せなければならない」という強迫観念にとらわれていました。 太ることが恐怖で、パニック状態になることもしばしば。 体は栄養失調状態で体力も落ち、電車と徒歩合わせて40分ほどの学校までの道のりが、山を登っているかのように感じられました。 身体的にも...

» もっと見る

摂食障害克服記 (第二十九回目) 【高校3年 2月 – 摂食障害の友達を見て気づけたこと】

摂食障害克服記

2016.05.23

ハートフルライフカウンセラー学院のスタッフ、鳥沙ゆきこです。 今回は、自分と同じく摂食障害である友達と病院外で会ったときのことについてです。   私が入院中、同じように摂食障害で入院していたYちゃんと退院後、1か月半ぶりに病院外で会うことになりました。 Yちゃんは、入院しているときに摂食障害克服のために出来る事について、よく共に話し合っていた仲間だったので、一緒にいると元気をもらえる存在でした。 Yちゃんは退院後、お姉ちゃんとアパートに二人で暮らし始め、そこに遊びに行かせてもらうことになりました...

» もっと見る

摂食障害克服記 (第二十八回目) 【高校3年 1月 – 退院後の変化

摂食障害克服記

2016.05.16

ハートフルライフカウンセラー学院のスタッフ、鳥沙ゆきこです。 今回は、拒食症で入院治療を行い、退院したその後の変化についてです。   退院後、まず一番初めに直面したのは学校のストレスです。 入院でしばらく学校に行っていなかった分、「学校に行きたくない」という憂鬱な気持ちが入院前より強くなり、精神的に不安定な日が多くなりました。 大学の推薦入試という自分にとって大きな壁を越えた後、 「何か勉強しなくてはならない(勉強をしない自分はダメな人間)」   →「でも、何を目標にしたらよいか分から...

» もっと見る

摂食障害克服記 (第二十七回目) 【高校3年 12月 – 退院】

摂食障害克服記

2016.05.09

ハートフルライフカウンセラー学院のスタッフ、鳥沙ゆきこです。 今回は、先週の続きになりますが、入院してから1ヶ月後、退院になるまでの話しです。   学校や家族といったストレスから離れられる場(病院) での、食事と点滴による治療により私の体重は順調に増えていきました。 そして、入院前との大きな変化は、体重が増えることに恐怖がなかったことです。 摂食障害を克服することに前向きで本気で治したいと思っていました。 このような気持ちになったのは、同じ摂食障害で入院していた仲間の存在が大きかったと...

» もっと見る

摂食障害克服記 (第二十六回目) 【高校3年 11月 – 入院】

摂食障害克服記

2016.05.02

ハートフルライフカウンセラー学院のスタッフ、鳥沙ゆきこです。   今回は、大学の推薦入学試験が終わり、一段落した高校3年の11月、体力を考慮し入院したときのことについてです。   当時の体重は27㎏、主治医の先生から30㎏を下回ると入院治療の可能性があると言われていましたが、大学の入学試験が終わるまでは通院を希望し、結局、入試後まもなく入院することとなりました。   私の場合は、入院治療は主に食事と点滴で、主治医の先生と相談して目標体重を35㎏に設定しました。   入院中の食事は、たくさんの量を...

» もっと見る

摂食障害克服記 (第二十五回目) 【高校3年 10月 – 気分転換方法】

摂食障害克服記

2016.04.25

ハートフルライフカウンセラー学院のスタッフ、鳥沙ゆきこです。 今回は、パニック状態など気持ちが乱れたときにしていた自分の気分転換方法についてです。 摂食障害の精神的症状の一つに異常な「こだわり」「執着」がありますが、私の場合は、それが特に食に関するもの、時間、勉強に対して強くありました。 例えば、細かいことですが、トースト半分とホットミルクを朝食にとるのにトーストの焼き上がりとミルクの温めあがるタイミングが同じでないと気が済みませんでした。 でも、いつも上手くいくわけではありません。 ある日、ト...

» もっと見る

摂食障害克服記 (第二十四回目) 【高校3年 9月 – 摂食障害への考え方と改善】

摂食障害克服記

2016.04.18

ハートフルライフカウンセラー学院のスタッフ、鳥沙ゆきこです。 今回は、摂食障害であることを自分の嫌なことや責任から逃げる理由にしてしまっていたことへの気づきとその考え方の改善についてです。 私は元々、体を動かすことが苦手で体育の時間が憂鬱でした。 でも、摂食障害になって体力が低下し、目まいや体のだるさを感じると走ることもできず、体育の授業は欠席していました。 さぼっているわけではないですが、授業を休める正当な理由ができることで、当たり前のように嫌いな体育の授業を受けなくて済むことは、正直好都合だ...

» もっと見る

摂食障害克服記 (第二十三回目) 【高校3年 7月 – 食べる自分を許すこと】

摂食障害克服記

2016.04.04

ハートフルライフカウンセラー学院のスタッフ、鳥沙ゆきこです。 前回のブログ【高校3年 4月 – 視野の広がり】 に書きましたが、私は、大学推薦入学のために高校3年生になって小論文対策を行っている塾に通い始めました。 初めは個人指導で勉強していたのですが、通い始めて3ヶ月経った7月頃、もう一人、私と同じように小論文対策をしたいと考えているAちゃんと一緒に勉強することになりました。 彼女とは違う高校だったので、初めて知り合いましたが、とてもフレンドリーな子だったので、私にたくさん話しかけ...

» もっと見る

摂食障害克服記 (第二十二回目) 【高校3年 4月 – 視野の広がり】

摂食障害克服記

2016.03.28

ハートフルライフカウンセラー学院のスタッフ、鳥沙ゆきこです。 今回は、視野が広がる機会を得られたこと、客観的に自分の拒食症の状態を見ることができたことについてです。 高校3年生になると、進路相談の時間がつくられたり、文系・理系それぞれの選択科目が増えたりと受験の準備を整えるためのシステムが設けられるようになりました。 また、クラスメイトも受験や将来の夢についての話題が多くなり、普段の授業でも勉強に集中し、真面目に取り組む生徒が増えて学年全体の雰囲気が大きく変わりました。 私も進学についてより慎重...

» もっと見る

  • 学院長・石川千鶴が直接説明
  • 学び方、学びの活かし方が、資格取得の方法など詳しく説明
    レッスン・カウンセリングまで体験できる無料スクール説明会

きっと得する!

ストレスの謎と解消法がわかる『参加者には5つのお得な特典付き』

無料スクール説明会はこちら

無料スクール説明会はこちら

電話でのスクール説明会のお申込みこちら (受付時間9時-21時)

TEL:03-5321-6180

ハートフルライフカウンセラー学院 公式SNS

Follow us



close