認知行動療法の学び

活用

受験ママ 必須マニュアル『手抜き家事は受験の合否に影響⁉』

家事に追い詰められる母についてです。 このお受験の時期には、お母様は時間が足らない、そんな風に感じる事が度々あるようです。 子供の事だけすればいいわけではありません。 朝起きてから、寝るまで動き通し。 そんなお母様が多いでしょう。 そこに加えて、受験勉強の時間を作らなければなりません。 このお母様は日に日に笑顔が少なくなり、かりかりとした様子。 そして、子供を急かすようになりました。 子供も勉強に身が入らなくなりました。 注意散漫といった様子。 悪循環がうまれていました。 「やることが多くて辛い...

» もっと見る

受験ママ 必須マニュアル『姑との戦い』

お受験というのは、姑が登場するご家庭も珍しくありません。 登場の仕方は色々です。 今回は、志望校について、強い希望を伝える姑、それを受ける嫁、についてです。 嫁と姑で意見が食い違う場合があります。 嫁としては、A校を志望校として準備を進める。 しかし、姑は、どうしてもB校を受けてほしいと言う。 このご家庭でも、お姑さんから、ご要望がきたのだそうです。 「B校がこの子には合うと思ってたからB校を是非受けて」とある日突然言われたのだとか。 以来、会う度にこのB校に行かせてほしいと言われるとのこと。 ...

» もっと見る

受験ママ 必須マニュアル『夫が反対ばかりする』

幼児教室では、保護者の方から時折家庭の相談を受けることがあります。 多いのが、夫婦関係の意見の相違。 ひとつ事例でお話しします。 初めは、お受験に対して、ご主人の協力が無い、というお悩み。 特に、理由としてあげられたのが 『お金が自由にならない。 子供の教育費も、1つ1つ、やらせていいのか相談しなくてはならない。』 ということでした。 ある時、望んでいた夏期講習をご主人に反対されたとのお話を伺いました。 お母様としては、講習は全て受けさせたい。 けれど、ご主人がいいと言わないと、お金を出してくれ...

» もっと見る

考えと事実は違う!

認知行動療法の学びの際に、受講生の方が最初に混乱するのが、 事実と考えが違う ということです。 ストレスを感じた際の出来事をできるだけ事実で話してくださいとお話ししても、 考えのオンパレードに なることがあります。 例えば、 出来事で、 Aさんが、友人Bさんの会話で Aさんが「この資料にサインして」 と伝えたら、 Bさんが「どうして」 と言ったことがストレスだったとします。 しかし、Aさんにストレスに感じた出来事とはと聞くと 「Bさんのことを思って話した事を、Bさんは疑うんです。」と 話されます...

» もっと見る

受験ママ 必須マニュアル『勉強は得意だけど、運動は苦手』

毎年、います。 よく、勉強のできるお子さん。 模試をやっても成績は常にトップ。 手先も器用、絵も上手。 ところが、このお子さんは体操が苦手でした。 行進は右手と右足が一緒に出る。 スキップは進めない。 縄跳びは飛べない。 ボールは一回つけば転がっていく。 でも、指示を理解し、ルールは守るのです。 そして、なにより、諦めないで取り組む姿は好印象でした。 ある夏期講習を境にお母様の様子が一変。 体操の特訓コースをとり、別の体操教室でも特訓。 でも、なかなかスキップ、縄跳び、ボールが上達しません。 お...

» もっと見る

受験ママ 必須マニュアル『ボスママ』

ボスママ。 学校にも幼稚園にも存在するかと思います。 リーダーではない。 ボスママと呼ばれます。 このボスママは塾にも存在するのです。 とても、影響力のあるボスママでした。 5人のママを取りまとめている様子でした。 良い影響力だけならよいのですが、なかには困る人も出てきます。 はじめはお茶に誘われる位でうまくやっていたらしいのです。 それどころか、頼りにさえしていたのだとか。 が、そのうち、 「同じ講座をとりましょう」 「同じ体操教室に行きましょう」 「同じお店で子供の洋服を買いましょう」 ある...

» もっと見る

受験ママ 必須マニュアル『兄弟は違って当たりまえ。個性を認めよう』

小学校の受験でも、本命の学校の他に、幾つかの学校を受験するパターンが殆どです。 今回は、本命にご縁がなく、別の学校に受かった後のお話です。 とても熱心なご家庭でした。 そして、とても優秀といわれる偏差値の高い学校に通うお兄さんがいらっしゃいました。 ママは、弟も、お兄さんと同じ学校にと、とても頑張っていらっしゃったのです。 ところが、結果は第一希望のお兄さんと同じ学校は不合格でした。 でも、別の学校に合格を頂いたのです。 そしてその合格を頂いた学校に通わせることになりました。 このお子さんは小学...

» もっと見る

嫌いな人・苦手な人とのかかわり方

嫌いな人、苦手な人が、一人や二人はいることでしょう。 「あの人は自分中心の考えなので嫌いだ」 「あの人は逃げ回る卑怯な人なので付き合いたくない。」 「あの人は文句ばかりいうクレーマー体質なのでうっとうしい」 「あの人は嘘つきなので近づきたくない」 と、周囲の人が言っているのを聞いたことはありませんか? 実は誰でも合わない人、癇に障る人がいるものなのです。 その割合は、自分が関わっている人の割合からすれば、ほんのわずか。 だけど、ストレスになり生活のすべてに影響をもたらすことがあります。 &nbs...

» もっと見る

受験ママ 必須マニュアル『面接時、お子さんの感性を生かしてください』

お子さんの中には恥ずかしがりやさんがいます。 そのため、お話やご挨拶が小さい声になってしまったします。 また、何か話しかけられた時に、さっと親御さんの後ろに回ってしまったり、、、 性格は様々です。 その性格を踏まえた上で、講師陣も指導していきます。 このお子さんは、恥ずかしがりやさんとは様子が違いました。 お母様がいらっしゃると、話さないのです。 何を聞いてもお母様に囁かれた台詞を言うのです。 そして、挨拶もお辞儀にとらわれ、小さい声で「こんにちは」「さようなら」 がかえってくる状態でした。 例...

» もっと見る

受験ママ 必須マニュアル『うちの子ばかり注意される!』

11月は、お受験塾にとっては新学期でもあります。 塾選びは様々で色々体験を繰り返して決める方もあれば、評判や実績のみで決めてくる方もいらっしゃいます。 お受験の合格を目指すわけですから、講師陣も真剣勝負です。 お子様はだいたいがお勉強という場面が初めてで、幼稚園とはかなり勝手が違います。 まず基本目標は、静かに座っていられること。 これが難しいお子さんも必ず毎年何人かいらっしゃいます。 塾によっては、授業の様子を後ろで保護者の方が見ている場合があります。 ここで、暫くするとお母様から 「うちの子...

» もっと見る